Pythonのreturnステートメントの説明:それらとは何か、なぜそれらを使用するのか

すべての関数は、呼び出されると値を返します。

returnステートメントの後に式リストが続く場合、その式リストが評価され、値が返されます。

>>> def greater_than_1(n): ... return n > 1 ... >>> print(greater_than_1(1)) False >>> print(greater_than_1(2)) True

式リストが指定されていない場合は、次Noneが返されます。

>>> def no_expression_list(): ... return # No return expression list. ... >>> print(no_expression_list()) None

関数の実行中にreturnステートメントに到達した場合、現在の関数呼び出しはその時点で残されます。

>>> def return_middle(): ... a = 1 ... return a ... a = 2 # This assignment is never reached. ... >>> print(return_middle()) 1

returnステートメントがない場合、関数は最後に到達するとNoneを返します。

>>> def no_return(): ... pass # No return statement. ... >>> print(no_return()) None 

1つの関数に複数のreturnステートメントを含めることができます。関数の実行は、次のいずれかのreturnステートメントに達すると終了します。

 >>> def multiple_returns(n): ... if(n): ... return "First Return Statement" ... else: ... return "Second Return Statement" ... >>> print(multiple_returns(True)) First Return Statement >>> print(multiple_returns(False)) Second Return Statement 

1つの関数でさまざまなタイプを返すことができます。

 >>> def various_return_types(n): ... if(n==1): ... return "Hello World." # Return a string ... elif(n==2): ... return 42 # Return a value ... else: ... return True # Return a boolean ... >>> print(various_return_types(1)) Hello World. >>> print(various_return_types(2)) 42 >>> print(various_return_types(3)) True

1つの関数が1つの戻り値だけで複数の値を返すようにすることも可能です。

 >>> def return_two_values(): ... a = 40 ... b = 2 ... return a,b ... >>> print("First value = %d, Second value = %d" %(return_two_values())) First value = 40, Second value = 2

詳細については、Pythonドキュメントを参照してください。