Gitチェックアウトの説明:Gitでブランチをチェックアウト、変更、または切り替える方法

このgit checkoutコマンドは、ブランチを切り替えるか、作業ツリーファイルを復元します。このコマンドには、ここでは取り上げないさまざまなオプションがいくつかありますが、Gitのドキュメントでそれらすべてを確認できます。

特定のコミットをチェックアウトする

特定のコミットをチェックアウトするには、次のコマンドを実行します。

git checkout specific-commit-id

次のコマンドを実行して、特定のコミットIDを取得できます。

git log

既存のブランチをチェックアウトする

既存のブランチをチェックアウトするには、次のコマンドを実行します。

git checkout BRANCH-NAME

通常、Gitでは、作業ディレクトリがクリーンでない限り、別のブランチをチェックアウトできません。これは、コミットされていない作業ディレクトリの変更が失われるためです。変更を処理するには、1)ゴミ箱に移動する、2)コミットする、3)隠しておくという3つのオプションがあります。

新しいブランチをチェックアウトする

1つのコマンドで新しいブランチを作成してチェックアウトするには、次を使用できます。

git checkout -b NEW-BRANCH-NAME

これにより、自動的に新しいブランチに切り替わります。

新しいブランチをチェックアウトするか、ブランチを開始点にリセットします

次のコマンドは、新しいブランチのチェックアウトに似ていますが、-B(大文字のBに注意してください)フラグとオプションのSTART-POINTパラメーターを使用します。

git checkout -B BRANCH-NAME START-POINT

場合はBRANCH-NAME、分岐が存在しない場合、Gitはそれを作成し、でそれを開始しますSTART-POINTBRANCH-NAMEブランチがすでに存在する場合、GitはブランチをにリセットしますSTART-POINT。これは、で実行git branchするのと同じ-fです。

チェックアウトを強制する

ステージングされていない変更がある場合でも(つまり、作業ツリーのインデックスがと異なる場合でも)、コマンドで-for--forceオプションを渡して、git checkoutGitにブランチを強制的に切り替えることができますHEAD。基本的に、ローカルの変更を破棄するために使用できます。

次のコマンドを実行すると、Gitはマージされていないエントリを無視します。

git checkout -f BRANCH-NAME # Alternative git checkout --force BRANCH-NAME

作業ディレクトリの変更を元に戻す

このgit checkoutコマンドを使用して、作業ディレクトリ内のファイルに加えた変更を元に戻すことができます。これにより、ファイルが次のバージョンに戻りますHEAD

git checkout -- FILE-NAME