Rubyの数値メソッドと数値演算(例付き)

Rubyの数値メソッド

Rubyには、数値に使用できるさまざまな組み込みメソッドが用意されています。以下は、integerメソッドとfloatメソッドの不完全なリストです。

でも:

整数が偶数.even?かどうかを確認するために使用します。またはブール値を返します。truefalse

 15.even? #=> false 4.even? #=> true

奇数:

整数が奇数.odd?かどうかを確認するために使用します。またはブール値を返します。truefalse

 15.odd? #=> true 4.odd? #=> false

セイル:

この.ceilメソッドは、フロートを最も近い数値に切り上げます。整数を返します。

 8.3.ceil #=> 9 6.7.ceil #=> 7

床:

この.floorメソッドは、フロートを最も近い数値に切り捨てます。整数を返します。

 8.3.floor #=> 8 6.7.floor #=> 6

次:

.next次の連続する整数を返すために使用します。

 15.next #=> 16 2.next #=> 3 -4.next #=> -3

プレド:

.pred前の連続する整数を返すために使用します。

 15.pred #=> 14 2.pred #=> 1 (-4).pred #=> -5

文字列へ:

.to_s数値(整数浮動小数点数など)で使用すると、その数値の文字列が返されます。

 15.to_s #=> "15" 3.4.to_s #=> "3.4"

最大公約数:

この.gcd方法は、2つの数の最大公約数(常に正)を提供します。整数を返します。

 15.gcd(5) #=> 5 3.gcd(-7) #=> 1

円形:

.round丸められた整数または浮動小数点を返すために使用します。

 1.round #=> 1 1.round(2) #=> 1.0 15.round(-1) #=> 20

時間:

.times指定されたブロックint時間を繰り返すために使用します。

 5.times do |i| print i, " " end #=> 0 1 2 3 4

Rubyでの数学演算

Ruby+では、加算-、減算、乗算*、除算/、剰余の検索%、指数の操作など、数値に対してすべての標準的な数学演算を実行できます**

添加:

+演算子を使用して数値を加算できます。

15 + 25 #=> 40

減算:

-演算子を使用して、数値を相互に減算できます。

25 - 15 #=> 10

乗算:

*演算子を使用して、数値を掛け合わせることができます。

10 * 5 #=> 50

分割:

/演算子を使用して、数値を互いに除算できます。

10 / 5 #=> 2

残り:

剰余は、剰余%演算子を使用して見つけることができます。

10 % 3 #=> 1 # because the remainder of 10/3 is 1

指数:

指数は、**演算子を使用して計算できます。

2 ** 3 #=> 8 # because 2 to the third power, or 2 * 2 * 2 = 8