Google Analyticsの使用を開始する方法(および理由)

Google Analyticsとは何ですか?

基本的に、Google Analyticsは、Webサイトの使用状況を監視するための頼りになるソリューションです。Google AdWordsと組み合わせて、eコマースやウェブサイトのユーザーエクスペリエンスを向上させるために頻繁に使用されますが、ウェブサイトを所有するすべての組織で使用できるほど柔軟で強力です。確かに、あなたはグーグルアナリティクスを利用するためにコーディングの腕前を必要としません。

したがって、このガイドは主に、自分自身またはその主な専門的責任を技術者と見なしていない個人を対象としています。GoogleAnalyticsを使い始めるために不可欠な要素にのみ触れます。

Google Analyticsは私のために何ができますか?

あなたの組織がウェブ上に存在している可能性があります。Google Analyticsは、膨大な量のデータを収集してレンダリングします。生データは、ニーズに応じてさまざまなレポートにまとめられます。組織に適用できるデータ主導の洞察は、サイトと組織の目標によって異なります。目標がまだ定義されていない場合でも、ほとんどの組織に役立つGoogleAnalyticsの領域があります。

Google Analyticsは、サイトの根本的な問題を特定するのにも役立ちます。たとえば、サイトのモバイルユーザーにパフォーマンスやユーザビリティの問題がある場合です。

買収の概要

取得の概要は、次のような質問に答えます。サイトはどのくらいのトラフィックを受信しますか?あなたのサイトの発信元またはトップトラフィックは何ですか?あなたの目標会話率はどれくらいですか?新規ユーザーとリピーターの内訳は何ですか?

これは、時間の経過に伴う変化を調べるときに特に役立ちます。数週間または数か月を比較すると、時間の経過に伴うサイトのパフォーマンスをより正確に把握できます。

動作の概要

一部のページは、他のページよりも組織にとって重要になります。[動作の概要]ページで、個々のページのパフォーマンスは、どのページが最も多くのトラフィックをもたらしているかを特定するのに役立ちます。また、直帰率など、サイトの技術的パフォーマンスの概要も提供します。

eコマースで作業している場合、ホームページ、製品ページ、検索結果、ショッピングカート、チェックアウト、お礼ページなどのページは、追跡するサイトの重要なページになります。

ただし、美術館の場合は、教育、展示、プログラミングのページを追跡することをお勧めします。また、ターゲットオーディエンスのより良いアイデアを得るために、地理をターゲットにすることに興味があるかもしれません。美術館だけでなく、レストラン、ダイナー、カフェも、ローカル検索の最適化を優先したいと思うでしょう。

変換の概要

ビジネス影響レポートの場合、目標またはeコマーストランザクションを構成する必要があります。Google Analyticsは、自動的に目標を設定することはありません。管理パネルの[表示]で、サイトの目標を設定できます。目標は非常に広く定義されており、eコマーストランザクション、または送信や予約からのリードキャプチャにすることができます。

ドル値の目標は、サイトのページの長所と短所を示しています。コンバージョンの概要を使用すると、目標のコンバージョンをドリルダウンしたり、顧客の経路について詳しく知ることができます。

方法—基本

では、どのように始めますか?

GoogleAnalyticsにログオンしてアカウントを作成します。アカウントをお持ちでない場合は、右上隅にログインするか、アカウントを作成してください。

次に、ウェブサイトまたはモバイルアプリのいずれかを選択します。アカウント名(通常はビジネスの名前)を入力します。次に、URLを設定します。HTTPまたはHTTPSのいずれかを選択します—サイトがHTTPとHTTPSを切り替える場合は、HTTPから始めます。

次に、業界カテゴリを選択します。これは、Googleがサイトのベンチマークを設定し、サイトのパフォーマンスを同じ業界の他のサイトと比較できるようにするための重要なステップです。

次に、レポートの国とタイムゾーンを選択します。重大な問題ではありませんが、選択したタイムゾーンが永続的であると考えてください。変更することはできますが、データをさかのぼって変更することはありません。これらのリソースは非常に貴重になる可能性があるため、すべてをチェックしたままにしておきます。「続きを読む」を読んで、Googleがデータをどのように使用するかを学ぶことができます。

次に、「トラッキングIDの取得」を選択します。利用規約を確認し、[同意する]を選択します。

次に、追跡タグをインストールします。「トラッキング情報」、「トラッキングコード」の順に選択します。トラッキングコードは、GoogleAnalyticsでトラッキングするサイトのすべてのページにコピーして貼り付ける必要がある一意のコードのスニペットです。

すぐ下にトラッキングコードをコピーします ad> on your HTML page. Then go to “Google Tag Manager.” You can select the link to learn more about this. Click on “Status”. Here Google will let you know whether you are receiving data.

Note:

Here’s how to install the Google Analytics tracking tag on your Wordpress pages.

Here’s how to install the Google Analytics tracking code onto your HubSpot pages.

Creating a View

Original text


It is considered a best practice that the first “View” you create is a Master View. A Master View contains an unfiltered history of the analytics, sort of like a backup.

Creating a Filter

Google applies filters to your data before it presents it to you in your reports.

The most important filter to start with is excluding yourself and your employees from appearing in your data. You do not want your data appearing along with that of your users.

Create a filter that excludes the IP addresses for yourself. If you do not know you IP address, simply do a Google search for “what is my IP address?”. You will need to exclude the IP address for each computer used by yourself and your employees for work. These will need to be added individually.

From the Admin Panel, select the “Default View”. From the drop-down menu, select “Add Filter” and give it a name (such as Exclude Employees). Next, you have the option to select from a predefined filter or a custom filter.

A predefined filter acts as a template for what you’d like to do. Select “predefined” and choose from the drop-down menu. Select “Exclude or Include only”. In this case, you will select traffic from the IP addresses and then select the appropriate expression. Enter the data to exclude, such as an IP address. Then “Save.”

From this point moving forward, all of the data in the default view is going to exclude any data that is excluded by this filter, but it is not going to historically exclude data.

It is very common to add multiple filters. However, filter order matters. Filter order affects the subsequent results. Filter order matters because the output of one becomes the input of the next. Explore the filters to see what is most relevant to your organization’s goals.

Note: If you want to include/exclude two things, you are essentially creating an “or” Filter. Go to Filter Field, then filter pattern. Type the first term to exclude then the pipe symbol (|) and the second term.

Output

Google Analytics makes printing or sharing your analytics reports very easy. In the top right corner, you have the option of printing or sharing your report. It can also be saved and edited.

Moving Forward

Google Analytics offers numerous reports, as well as data segmentation options, which are beyond the scope of this article. Find the reports that most closely align with your needs.

With the introduction of Google Analytics 360 Suite, formerly Google Analytics for premium users, Google’s analytics is only getting more advanced. Google Analytics 360 provides analytical data that companies can be used to track return on investment (ROI) and marketing indicators.

Further Reading

For a deep dive into Google Analytics, read Google Analytics for Web Designers and Developers.

For tutorials for beginners can be found on Google Analytics for Beginners.

If you are a novice to coding, I recommend Moms can: Code and CodeNewbie.

Follow me on Twitter.