Minecraft Forge:Forgeをダウンロード、インストール、および使用する方法

この記事を読んでいるなら、おそらくすでにMinecraftを知っているでしょう。Forgeを使用して、ゲームMinecraftを操作し、必要な処理を実行します。これは、新しいクールな生き物からゲーム内のまったく新しいシステムまで、何でもかまいません。

Forgeは改造APIです。Minecraft Forge(または略してForge)は、コードとMinecraft自体の間のレイヤーです。

Minecraftにアイテムの追加や特別なクールなことを直接依頼することはできません。そのため、ロジックを処理してMinecraftに認識させるためのAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)が必要です。

かっこいいね!どうすれば始められますか?

  • Javaプログラムを作成して実行するには、ライブラリ、ツール、およびランタイム環境のセットであるJDK(Java Development Kit)が必要です。
  • 公式ウェブサイトから購入できるMinecraftアカウント。(//minecraft.net/en-us/store/)
  • IDE(Minecraftの開発にはEclipseまたはIntelliJをお勧めします)

これらのソフトウェアをインストール/取得した後、// files.minecraftforge.net/で目的のForgeバージョンをダウンロードします。

ヒント:Adflyウイルスを回避するには、情報ボタンにカーソルを合わせて直接ダウンロードを押してください。

このZIPをダウンロードすると、解凍できるようになります。そうして、すべてのForgeファイルのあるディレクトリにcd(cmd / command)します。実行しますgradlew setupDecompWorkspace

次は、IDE(統合開発環境)の選択です。

  • Eclipse?gradlew eclipse
  • IntelliJ?IntelliJセットアップにbuild.gradleファイルをインポートします。

さて今何?ファンシーな新しいアイテムを追加するにはどうすればよいですか?(基本的なmodのセットアップ)

あなたの馬を保持します。それだけではありません。もちろん、アイテムにテクスチャを付けたり、コードを追加したりする必要があります。この記事では、私が自分のmodにも使用しているいくつかの簡単なサンプルコードのみを見ていきます。ここにあります!

`@ Mod.EventBusSubscriber @Mod(modid = Version.MOD ID、name = Version.MOD NAME、version = Version.VERSION)public class TheMod {

public static ModMetadata metadata; public static File baseDir; public static Configuration config; @SidedProxy(clientSide="com.ciphry.client.ClientProxy", serverSide="com.ciphry.common.CommonProxy") public static CommonProxy proxy; @Mod.EventHandler public void preInit(FMLPreInitializationEvent event) { proxy.preInit(event); baseDir = new File(event.getModConfigurationDirectory(), MOD_ID); config = new Configuration(event.getSuggestedConfigurationFile()); if (!baseDir.exists()) baseDir.mkdir(); } @Mod.EventHandler public void init(FMLInitializationEvent event) { proxy.init(event); } @Mod.EventHandler public void postInit(FMLPostInitializationEvent event) { proxy.postInit(event); }

このコードを自由に使用してください。たとえば、プロキシ文字列などを必ず編集してください。これにより、基本的なmodクラスがどのように見えるかの基本的な概要がわかります。