Cのフォーマット指定子

フォーマット指定子は、標準出力に出力されるデータのタイプを定義します。でフォーマットされた出力を印刷するprintf()場合でも、で入力を受け入れる場合でも、フォーマット指定子を使用する必要がありますscanf()

ANSI Cで使用できる%指定子の一部は次のとおりです。

指定子のために使用される
%c単一の文字
%s文字列
%こんにちは短い(署名済み)
%hu短い(符号なし)
%Lfロングダブル
%n何も印刷しません
%d10進整数(基数10を想定)
%私10進整数(ベースを自動的に検出します)
%o8進数(基数8)整数
%バツ16進数(基数16)整数
%pアドレス(またはポインタ)
%f浮動小数点数の浮動小数点数
%uint unsigned decimal
%e科学的記数法の浮動小数点数
%E科学的記数法の浮動小数点数
%%象徴

例:

%c 単一文字フォーマット指定子:

#include  int main() { char first_ch = 'f'; printf("%c\n", first_ch); return 0; } 

出力:

f

%s 文字列形式指定子:

#include  int main() { char str[] = "freeCodeCamp"; printf("%s\n", str); return 0; } 

出力:

freeCodeCamp

%cフォーマット指定子を使用した文字入力:

#include  int main() { char user_ch; scanf("%c", &user_ch); // user inputs Y printf("%c\n", user_ch); return 0; } 

出力:

Y

%sフォーマット指定子を使用した文字列入力:

#include  int main() { char user_str[20]; scanf("%s", user_str); // user inputs fCC printf("%s\n", user_str); return 0; } 

出力:

fCC

%dおよび%i10進整数フォーマット指定子:

#include  int main() { int found = 2015, curr = 2020; printf("%d\n", found); printf("%i\n", curr); return 0; } 

出力:

2015 2020

%fおよび%e浮動小数点数の形式指定子:

#include  int main() { float num = 19.99; printf("%f\n", num); printf("%e\n", num); return 0; }

出力:

19.990000 1.999000e+01

%o 8進整数フォーマット指定子:

#include  int main() { int num = 31; printf("%o\n", num); return 0; }

出力:

37

%x 16進整数フォーマット指定子:

#include  int main() { int c = 28; printf("%x\n", c); return 0; } 

出力:

1c