Pythonスリープ関数–サンプルコマンドを使用して、Pythonを続行する前に数秒待機させる方法

Pythonのsleep()関数を使用して、コードに時間遅延を追加できます。

この関数は、たとえばAPI呼び出しの合間にコードを一時停止する場合に便利です。または、単語やグラフィックの間に一時停止を追加して、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

from time import sleep sleep(2) print("hello world") 

上記のコードを実行すると、「helloworld」が出力されるまでに約2秒の遅延があります。

sleep()「呼び出しスレッドの実行」を指定された秒数だけ停止するため、遅延が発生します(正確な時間は概算ですが)。したがって、上記の例では、プログラムの実行は約2秒間一時停止されます。

この記事では、Pythonコードをスリープ状態にする方法を学習します。

睡眠の詳細

Pythonの時間モジュールには多くの時間関連関数が含まれていますsleep()。そのうちの1つはです。sleep()を使用するには、それをインポートする必要があります。

from time import sleep 

sleep()は1つの引数を取ります:秒。これは、コードを遅延させる時間(秒単位)です。

seconds = 2 sleep(seconds) 

アクションで眠る

それではsleep()、いくつかの異なる方法で使用してみましょう。

timeモジュールからスリープをインポートすると、2行のテキストが出力されます。ただし、各行の印刷には約2秒の遅延があります。  

from time import sleep print("Hello") sleep(2) print("World") 

これは私がコードを実行したときに起こったことです:

"Hello"この行はすぐに印刷されました。

その後、約2秒の遅延がありました。

"World" この行は、最初の行から約2秒後に印刷されました。

あなたは正確になることができます

浮動小数点数をに渡して、時間遅延を特定にしますsleep()

from time import sleep print("Prints immediately.") sleep(0.50) print("Prints after a slight delay.") 

これは私がコードを実行したときに起こったことです:

"Prints immediately." この行はすぐに印刷されました。

その後、約0.5秒の遅延がありました。

"Prints after a slight delay." この行は、最初の行から約0.5秒後に印刷されました。

タイムスタンプを作成する

考慮すべき別の例を次に示します。

以下のコードでは、5つのタイムスタンプを作成します。私はsleep()、各タイムスタンプの間に約1秒の遅延を追加するために使用します。

import time for i in range(5): current_time = time.localtime() timestamp = time.strftime("%I:%m:%S", current_time) time.sleep(1) print(timestamp) 

ここでは、タイムモジュール全体をインポートして、sleep()を含む複数の関数にアクセスできるようにします。

import time 

次に、5回繰り返すforループを作成します。

for i in range(5): ... 

各反復で、現在の時刻を取得します。

current_time = time.localtime() 

時間モジュールの別の関数を使用してタイムスタンプを取得しますstrftime()

timestamp = time.strftime("%I:%m:%S", current_time) 

次にsleep()関数を実行すると、ループの反復ごとに遅延が発生します。

time.sleep(1) 

プログラムを実行すると、最初のタイムスタンプが出力されるまで約1秒待ちます。次に、次のタイムスタンプが出力されるまで約1秒待ち、以下同様にループが終了するまで待ちます。

The output looks like this:

04:08:37 04:08:38 04:08:39 04:08:40 04:08:41 

sleep() and the User Experience

Another way to use sleep() is to enhance the user’s experience by creating some suspense.

from time import sleep story_intro = ["It", "was", "a", "dark", "and", "stormy", "night", "..."] for word in story_intro: print(word) sleep(1) 

Here, I iterate through the list of words in story_intro. To add suspense, I use the sleep() function to delay by about a second after each word is printed.

time.sleep(1) 

Although execution speed is often at the forefront of our minds, sometimes it’s worth slowing down and adding a pause in our code. When those occasions arise, you know what to reach for and how it works.

I write about learning to program, and the best ways to go about it on amymhaddad.com. I tweet about programming, learning, and productivity: @amymhaddad.