ターゲットのHTML属性の説明

この属性は、リンクされたドキュメントをa(アンカー)タグで開く場所を指定します。

の例

値が「_blank」のターゲット属性は、リンクされたドキュメントを新しいウィンドウまたはタブで開きます。

 freeCodeCamp

値が「_self」のターゲット属性は、リンクされたドキュメントをクリックしたときと同じフレームで開きます(これはデフォルトであり、通常は指定する必要はありません)。

 freeCodeCamp
 freeCodeCamp

値が「_parent」のターゲット属性は、リンクされたドキュメントを親フレームで開きます。

 freeCodeCamp

値が「_top」のターゲット属性は、リンクされたドキュメントをウィンドウ全体で開きます。

 freeCodeCamp

framename 」の値を持つターゲット属性は、指定された名前付きフレームでリンクされたドキュメントを開きます。

 freeCodeCamp

関連リンク:

  • 属性
  • HTML属性に関する一般情報