JavaScriptのReturnステートメント

前書き

ときにリターン文が関数内で呼び出されると、この関数の実行は停止されます。指定した場合、指定された値が関数呼び出し元に返されます。式を省略すると、undefined代わりにが返されます。

 return expression;

関数は以下を返すことができます:

  • プリミティブ値(文字列、数値、ブール値など)
  • オブジェクトタイプ(配列、オブジェクト、関数など)

括弧を使用せずに新しい行に何かを返さないでください。これはJavaScriptの癖であり、結果は未定義になります。複数行で何かを返すときは、常に括弧を使用するようにしてください。

function foo() { return 1; } function boo() { return ( 1 ); } foo(); --> undefined boo(); --> 1

次の関数は、引数の2乗xを返します。ここで、xは数値です。

 function square(x) { return x * x; }
:ロケット:

実行コード

次の関数は、引数arg1arg2の積を返します。

 function myfunction(arg1, arg2){ var r; r = arg1 * arg2; return(r); }
:ロケット:

実行コード

関数がreturn値の場合、代入演算子(=)を使用して値を変数に割り当てることができます。以下の例では、関数は引数の2乗を返します。関数が解決または終了すると、その値はreturned値になります。次に、値が変数に割り当てられますsquared2

 function square(x) { return x * x; } let squared2 = square(2); // 4

明示的なreturnステートメントがない場合、つまり関数にreturnキーワードがない場合、関数は自動的にを返しますundefined

次の例では、square関数にreturnキーワードがありません。関数を呼び出した結果が変数に割り当てられると、変数の値はになりundefinedます。

 function square(x) { let y = x * x; } let squared2 = square(2); // undefined
:ロケット:

実行コード