Macを使用してWindows10USBを作成する方法-Macのターミナルから起動可能なISOを構築する

ほとんどの新しいPCにはDVDドライブが付属していません。そのため、新しいコンピューターにWindowsをインストールするのは面倒な場合があります。

幸いなことに、Microsoftは、USBストレージドライブ(またはよく呼ばれる「サムドライブ」)からWindowsをインストールするために使用できるツールを作成しています。

しかし、そもそもそのUSBストレージドライブをセットアップするための2台目のPCがない場合はどうでしょうか。

このチュートリアルでは、Macからこれを設定する方法を示します。

ステップ1:Windows 10ISOファイルをダウンロードする

ISOファイルはWindowsから直接ダウンロードできます。そうです-ここで行うことはすべて100%合法であり、Microsoftによって認可されています。

Windows 10の最新アップデートの英語版が必要な場合は、ここからISOをダウンロードできます。

比較的新しいコンピューターを使用している場合は、おそらく64ビットバージョンが必要です。よくわからない場合は、安全のために32ビットバージョンを使用してください。

英語以外のバージョンのWindowsが必要な場合、または古い更新バージョンを入手したい場合は、代わりにここからISOをダウンロードしてください。

ステップ2:USBストレージドライブをMacに挿入します

ISOファイルはわずか約5ギガバイトですが、インストールプロセス中にWindowsがより多くのスペースを必要とする場合に備えて、少なくとも16ギガバイトのスペースを持つUSBドライブを使用することをお勧めします。

ウォルマートで32ギガバイトのUSBドライブをたったの3ドルで購入したので、これはそれほど高価ではないはずです。

USBドライブをMacに貼り付けます。次に、ターミナルを開きます。MacOS Spotlightを使用してこれを行うには、⌘とスペースバーの両方を同時に押してから、「ターミナル」と入力してEnterキーを押します。

コマンドラインインターフェイスに恐れをなさないでください。入力するコマンドを正確に説明します。

手順3:diskutilコマンドを使用して、USBがマウントされているドライブを特定します

⌘+スペースキーボードショートカットを使用してMacSpotlightを開きます。次に、「ターミナル」という単語を入力し、ドロップダウンリストから[ターミナル]を選択します。

次のコマンドを端末に貼り付けて、Enterキーを押します。

diskutil list

このような出力が表示されます(注-カスタマイズしていない場合、Macの端末は白い背景に黒いテキストで表示される可能性があります)。

ここでポイントしたテキストをコピーします。おそらく次のようなものになります

/dev/disk2

ステップ4:Windowsで動作するようにUSBドライブをフォーマットします

次に、USBドライブをWindowsFAT32フォーマットにフォーマットします。これは、Windows10が認識する形式です。

disk2がそうでなかった場合は、手順3のドライブの名前に置き換える必要があることに注意してくださいdisk2。(disk3またはかもしれませんdisk4)。

USBの正しいディスク番号を使用して次のコマンドを実行します。

diskutil eraseDisk MS-DOS "WIN10" GPT /dev/disk2

次に、このような端末出力が表示されます。

これは、新しいコンピューターではおそらく約20秒しかかかりませんが、古いコンピューターではさらに時間がかかる場合があります。

一部のハードウェアでは、代わりにこのコマンドを実行する必要がある場合があります。このコマンドは、GPTの代わりにMBRフォーマットをパーティションに使用します。手順7が失敗した場合は、戻ってこのコマンドを試してから、手順5、6、および7をやり直してください。

diskutil eraseDisk MS-DOS "WIN10" MBR /dev/disk2

手順5:を使用hdiutilしてWindows 10フォルダーをマウントし、転送の準備をします。

次に、ダウンロードしたISOファイルを準備して、USBドライブにコピーできるようにします。

ダウンロードしたWindows10 ISOファイルがどこにあるかを確認し、それを使用する必要があります。ただし、ファイルはおそらく。~/Downloadsという名前のフォルダにありますWin10_1903_V1_English_x64.iso

hdiutil mount ~/Downloads/Win10_1903_V1_English_x64.iso

ステップ6:Windows 10ISOをUSBドライブにコピーします

2020年4月の更新: Windows 10 ISOのファイルの1つであるinstall.wimが大きすぎて、FAT-32フォーマットのUSBドライブにコピーできなくなりました。そこで、個別にコピーする方法を紹介します。

この回避策を考え出してくれた@alexlubbockに感謝します。

最初にこのコマンドを実行して、そのファイル以外のすべてをコピーします。

rsync -vha --exclude=sources/install.wim /Volumes/CCCOMA_X64FRE_EN-US_DV9/ /Volumes/WIN10

次に、このコマンドを実行してHomebrewをインストールします(Macにまだインストールしていない場合)。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL //raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

次に、Homebrewを使用して、次のターミナルコマンドでwimlibというツールをインストールします。

brew install wimlib

次に、先に進んで、ファイルを書き込むディレクトリを作成します。

mkdir /Volumes/WIN10/sources

次に、このコマンドを実行します。このプロセスには数時間かかる場合があり、完了するまで0%の進行が見られる場合があることに注意してください。中止しないでください。wimlibを使用して、install.wimファイルをそれぞれ4 GB未満の2つのファイルに分割し、それらをUSBにコピーします。

wimlib-imagex split /Volumes/CCCOMA_X64FRE_EN-US_DV9/sources/install.wim /Volumes/WIN10/sources/install.swm 4000

それが完了したら、Finder内のMacからUSBを取り出すことができます。

ステップ7:USBを新しいPCに挿入し、Windowsのロードを開始します

おめでとうございます-コンピュータはUSBドライブから直接起動するはずです。そうでない場合は、新しいPCのBIOSを確認し、USBドライブから起動するように起動順序を変更する必要があります。

Windowsが画面をポップアップし、インストールプロセスを開始します。

新しいPCと新しくインストールしたWindowsのコピーをお楽しみください。