等差数列の再帰式

等差数列とは何ですか?

配列は、同じ操作(S)次を取得するために、1つの数に行われている番号のリストです。算術配列が呼び出さ-特異値を加算または減算することによって構築された配列を指す共通差を-次の用語を取得します。

シーケンスについて効率的に話すために、インデックスのリストが入力されたときにシーケンスを構築する式を使用します。通常、これらの式には1文字の名前が付けられ、括弧内にパラメーターが続き、右側のシーケンス。

a(n) = n + 1

上記は、等差数列の式の例です。

シーケンス:1、2、3、4、…| 式:a(n)= n + 13

シーケンス:8、13、18、…| 式:b(n)= 5n-2

再帰式

注:数学者は1から数え始めるので、慣例によりn=1、最初の用語です。したがって、最初の用語が何であるかを定義する必要があります。次に、共通の違いを理解して含める必要があります。

例をもう一度見てみると、

シーケンス:1、2、3、4、…| 式:a(n)= n + 1 | 再帰式:a(n)= a(n-1)+ 1、a(1)= 1

シーケンス:3、8、13、18、…|式:b(n)= 5n-2 | 再帰式:b(n)= b(n-1)+ 5、b(1)= 3

式を見つける(最初の項のシーケンスが与えられた場合)

1. Figure out the common difference Pick a term in the sequence and subtract the term that comes before it. 2. Construct the formula The formula has the form: `a(n) = a(n-1) + [common difference], a(1) = [first term]`

式を見つける(最初の項のないシーケンスが与えられた場合)

1. Figure out the common difference Pick a term in the sequence and subtract the term that comes before it. 2. Find the first term i. Pick a term in the sequence, call it `k` and call its index `h` ii. first term = k - (h-1)*(common difference) 3. Construct the formula The formula has the form: `a(n) = a(n-1) + [common difference], a(1) = [first term]` 

詳しくは:

このトピックの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。

  • ウィキペディア