究極のLinuxコマンドラインガイド-フルBashチュートリアル

Linuxコマンドラインの究極のガイドへようこそ。このチュートリアルでは、主要なLinuxコマンドラインテクノロジーのいくつかを紹介し、Bashスクリプト言語を紹介します。

Bashとは何ですか?

Bash(Bourne Again SHellの略)はUnixシェルであり、コマンド言語インタープリターです。シェルは、コマンドを実行する単なるマクロプロセッサです。これは、ほとんどのLinuxディストリビューションでデフォルトでパッケージ化されている最も広く使用されているシェルであり、Kornシェル(ksh)およびCシェル(csh)の後継です。

Linuxオペレーティングシステムで実行できる多くのことは、コマンドラインから実行できます。いくつかの例は…

  • ファイルの編集
  • オペレーティングシステムの音量を調整する
  • インターネットからWebページを取得する
  • 毎日行う作業の自動化

bashの詳細については、GNUドキュメント、およびtldpガイドを参照してください。

コマンドラインでbashを使用する(Linux、OS X)

ターミナルを開くことで、ほとんどのLinuxおよびOSXオペレーティングシステムでbashの使用を開始できます。簡単なHelloWorldの例を考えてみましょう。ターミナルを開き、次の行を記述します($記号の後のすべて):

[email protected]:~$ echo "Hello world!" Hello world!

ご覧のとおり、echoコマンドを使用して「Helloworld!」という文字列を出力しました。ターミナルに。

bashスクリプトを書く

すべてのbashコマンドを.shファイルに入れて、コマンドラインから実行することもできます。次の内容のbashスクリプトがあるとします。

#!/bin/bash echo "Hello world!"

スクリプトの最初の行が#!。で始まることに注意してください。これは、Unixが異なる方法で処理する特別なディレクティブです。

スクリプトファイルの先頭に#!/ bin / bashを使用したのはなぜですか?

これは、後続のプログラムに対して実行するインタープリターの種類を対話型シェルに通知するための規則だからです。最初の行は、ファイルが/ bin / bashによって実行されることをUnixに通知します。これは、ほぼすべてのUnixシステムでのBourneシェルの標準的な場所です。スクリプトの最初の行として#!/ bin / bashを追加すると、指定されたシェルを呼び出してスクリプトに続くコマンドを実行するようにOSに指示します。#!多くの場合、「ハッシュバン」、「シバン」、または「シャバン」と呼ばれます。スクリプトを実行可能ファイルとして実行した場合にのみ実行されますが。たとえば./scriptname.extension、と入力すると、一番上の行を調べてインタプリタを見つけますが、スクリプトをとして実行するとbash scriptname.sh、最初の行は無視されます。

次に、次のようにスクリプトを実行できます。makefileを実行可能にするには、sudo chmod + x“ filename”でこのコマンドを呼び出す必要があります。

[email protected]:~$ ./myBashScript.sh Hello world!

スクリプトは2行しかありません。1つ目は、ファイルの実行に使用するインタープリター(この場合はbash)を示します。2行目は、使用するコマンドechoで、その後に印刷するコマンド「HelloWorld」が続きます。

スクリプトが実行されず、上記のコマンドがエラーを返す場合があります。これは、ファイルに設定されている権限によるものです。その使用を避けるために:

[email protected]:~$ chmod u+x myBashScript.sh

次に、スクリプトを実行します。

Linuxコマンドライン:Bash Cat

Catは、Unixオペレーティングシステムで最も頻繁に使用されるコマンドの1つです。

Catは、ファイルを順番に読み取り、標準出力に出力するために使用されます。名前は詐欺にその関数から導出された猫のenateファイル。

使用法

cat [options] [file_names]

最もよく使用されるオプション:

  • -b、空白以外の出力行の数
  • -n、すべての出力行に番号を付けます
  • -s、隣接する複数の空白行を絞ります
  • -v、タブと行末文字を除く、印刷されない文字を表示します

file.txtの内容をターミナルに出力します。

cat file.txt

2つのファイルの内容を連結し、結果をターミナルに表示します。

cat file1.txt file2.txt

Linuxコマンドライン:Bash cd

たとえば、ディレクトリを指定されたパスに変更しますcd projects

これを支援するためにいくつかの本当に役立つ議論があります:

  • . 次のような現在のディレクトリを参照します ./projects
  • ..を使用して1つのフォルダを上に移動し、を使用してcd ..、組み合わせて複数のレベルを上に移動できます../../my_folder
  • /お使いのシステムのルートは、以下のようなコアフォルダ、到達することであるsystemusersなど
  • ~ is the home directory, usually the path /users/username. Move back to folders referenced relative to this path by including it at the start of your path, for example ~/projects.

Linux Command Line: Bash head

Head is used to print the first ten lines (by default) or any other amount specified of a file or files. Cat is used to read a file sequentially and print it to the standard output.

ie prints out the entire contents of the entire file. - that is not always necessary, perhaps you just want to check the contents of a file to see if it is the correct one, or check that it is indeed not empty. The head command allows you to view the first N lines of a file.

if more than on file is called then the first ten lines of each file is displayed, unless specific number of lines are specified. Choosing to display the file header is optional using the option below

Usage

head [options] [file_name(s)]

Most used options:

  • -n N, prints out the first N lines of the file(s)
  • -q, doesn’t print out the file headers
  • -v, always prints out the file headers

Example

head file.txt

Prints in terminal the first ten lines of file.txt (default)

head -n 7 file.txt

Prints in terminal the first seven lines of file.txt

head -q -n 5 file1.txt file2.txt

Print in terminal the first 5 lines of file1.txt, followed by the first 5 lines of file2.txt

Linux Command Line: Bash ls

ls is a command on Unix-like operating systems to list contents of a directory, for example folder and file names.

Usage

cat [options] [file_names]

Most used options:

  • -a, all files and folders, including ones that are hidden and start with a .
  • -l, List in long format
  • -G, enable colorized output.

Example:

List files in freeCodeCamp/guide/

ls ⚬ master CODE_OF_CONDUCT.md bin package.json utils CONTRIBUTING.md gatsby-browser.js plugins yarn.lock LICENSE.md gatsby-config.js src README.md gatsby-node.js static assets gatsby-ssr.js translations

Linux Command Line: Bash man

Man, the abbreviation of manual, is a bash command used to display on-line reference manuals of the given command.

Man displays the reletive man page (short for manual page) of the given command.

Usage

man [options] [command]

Most used options:

  • -f, print a short description of the given command
  • -a, display, in succession, all of the available intro manual pages contained within the manual

Example

Display the man page of ls:

man ls

Linux Command Line: Bash mv

Moves files and folders.

mv source target mv source ... directory

The first argument is the file you want to move, and the second is the location to move it to.

Commonly used options:

  • -f to force move them and overwrite files without checking with the user.
  • -i to prompt confirmation before overwriting files.

That's all. Go forth and use Linux.