Pythonリストの追加–配列に要素を追加する方法、例を使用して説明

ようこそ

こんにちは!append()この方法の使用方法を学びたい場合は、この記事が役に立ちます。これは、Pythonプロジェクトで間違いなく使用する強力なリストメソッドです。

この記事では、次のことを学びます。

  • を使用する理由と時期append()
  • それを呼び出す方法。
  • その効果と戻り値。
  • insert()適切な引数を使用した文字列スライスと同等にする方法。

append()文字列、整数、浮動小数点数、ブール値、リスト、タプル、および辞書に適用される使用例があります。

さぁ、始めよう!✨

🔹目的

この方法では、リストの最後に1つの要素を追加できます。

ここでは、の効果をappend()グラフィカルに確認できます。

💡ヒント:個々の要素のシーケンスを追加するには、extend()メソッドを使用する必要があります。

🔸構文とパラメーター

これは、このメソッドを呼び出すために使用する必要がある基本的な構文です。

💡ヒント:ドットはappend()メソッドであるため、非常に重要です。メソッドを呼び出すときは、リストの後にドットを使用して、その特定のリストを「変更」または「影響」することを示します。

ご覧のとおり、このappend()メソッドは、追加する要素という1つの引数のみを取ります。この要素は、任意のデータ型にすることができます。

  • 整数
  • ストリング
  • 浮く
  • ブール値
  • 別のリスト
  • タプル
  • 辞書
  • カスタムクラスのインスタンス

基本的に、Pythonで作成できる値はすべてリストに追加できます。

💡ヒント:構文の最初の要素(リスト)は通常、リストを参照する変数です。

これは、次の呼び出しの例ですappend()

>>> musical_notes = ["C", "D", "E", "F", "G", "A"] >>> musical_notes.append("B")
  • まず、リストが定義され、変数に割り当てられます。
  • 次に、この変数を使用してappend()メソッドを呼び出し、追加する要素(文字列"B")を引数として渡します。

🔹効果と戻り値

この方法に変異(変化)、メモリ内の元のリスト。直感的に考えるように、リストの新しいコピーは返されませんNone。返されます。したがって、このメソッドを呼び出すだけで、元のリストを変更することになります。

前の例では:

>>> musical_notes = ["C", "D", "E", "F", "G", "A"] >>> musical_notes.append("B")

要素を追加した後、元のリストが変更されたことがわかります(下)。最後の要素は現在"B"、元のリストは変更されたバージョンです。

>>> musical_notes ['C', 'D', 'E', 'F', 'G', 'A', 'B']

あなたはの戻り値があることを確認することができappend()ているNone変数にこの値を代入し、それを印刷して:

>>> musical_notes = ["C", "D", "E", "F", "G", "A"] >>> a = musical_notes.append("B") >>> print(a) None

🔸例

append()メソッドの目的、構文、および効果がわかったので、さまざまなデータ型での使用例をいくつか見てみましょう。

文字列を追加する

>>> top_players = ["gino234", "nor233", "lal453"] >>> top_players.append("auop342") # The string was appended >>> top_players ['gino234', 'nor233', 'lal453', 'auop342']

整数を追加します

>>> data = [435, 324, 275, 567, 123] >>> data.append(456) >>> data [435, 324, 275, 567, 123, 456]

フロートを追加する

>>> data = [435.34, 324.35, 275.45, 567.34, 123.23] >>> data.append(456.23) >>> data [435.34, 324.35, 275.45, 567.34, 123.23, 456.23]

ブール値を追加する

>>> values = [True, True, False, True] >>> values.append(False) >>> values [True, True, False, True, False]

リストを追加する

このメソッドはリストの最後に単一の要素を追加するため、リストを引数として渡すと、リスト全体が単一の要素として追加されます(元のリスト内にネストされたリストになります)。

>>> data = [[4.5, 4.8, 5.7], [2.5, 2.6, 2.7]] >>> data.append([6.7, 2.3]) >>> data [[4.5, 4.8, 5.7], [2.5, 2.6, 2.7], [6.7, 2.3]]

タプルを追加する

This works exactly the same for tuples, the entire tuple is appended as a single element.

>>> data = [[4.5, 4.8, 5.7], [2.5, 2.6, 2.7]] >>> data.append((6.7, 2.3)) >>> data [[4.5, 4.8, 5.7], [2.5, 2.6, 2.7], (6.7, 2.3)] 

💡 Tip: If you need to add the elements of a list or tuple as individual elements of the original list, you need to use the extend() method instead of append(). To learn more about this, you can read my article: Python List Append VS Python List Extend – The Difference Explained with Array Method Examples

Append a dictionary

Similarly, if you try to append a dictionary, the entire dictionary will be appended as a single element of the list.

>>> data = [{"a": 1, "b": 2}] >>> data.append({"c": 3, "d": 4}) >>> data [{'a': 1, 'b': 2}, {'c': 3, 'd': 4}]

🔹 Equivalence of Append and Insert

An interesting tip is that the insert() method can be equivalent to append() if we pass the correct arguments.

The insert() method is used to insert an element at a particular index (position) in the list.

This is the syntax used to call the insert() method:

To make it equivalent to append():

  • The value of index has to be the length of the list (len()) because we want the element to be the last element of the list.

Here's an example that shows that the result of using insert with these arguments is equivalent to append():

>>> musical_notes = ["C", "D", "E", "F", "G", "A"] >>> musical_notes.insert(len(musical_notes), "B") >>> musical_notes ['C', 'D', 'E', 'F', 'G', 'A', 'B']

But as you have seen, append() is much more concise and practical, so it's usually recommended to use it in this case.

🔸 Equivalence of Append and List Slicing

There is also an interesting equivalence between the append() method and list slicing.

This syntax is essentially assigning the list that contains the element [] as the last portion (end) of the list. Here you can see that the result is equivalent to append():

>>> musical_notes = ["C", "D", "E", "F", "G", "A"] >>> musical_notes[len(musical_notes):] = ["B"] >>> musical_notes ['C', 'D', 'E', 'F', 'G', 'A', 'B']

These are interesting alternatives, but for practical purposes we typically use append() because it's a priceless tool that Python offers. It is precise, concise, and easy to use.

I really hope that you liked my article and found it helpful. Now you can work with append() in your Python projects. Check out my online courses. Follow me on Twitter. ⭐️