ビッグオメガ表記とは何ですか?

ビッグO表記と同様に、ビッグオメガ(Ω)関数は、アルゴリズムのパフォーマンスまたは複雑さを記述するためにコンピューターサイエンスで使用されます。

実行時間がΩ(f(n))の場合、nが十分に大きい場合、実行時間は、ある定数kに対して少なくともk⋅f(n)になります。Ω(f(n))である実行時間を考える方法は次のとおりです。

ビッグオメガ機能

実行時間は「f(n)のbig-Ω」と言います。漸近的な下限にはbig-Ω表記を使用します。これは、入力サイズが十分に大きい場合に、実行時間の増加をから制限するためです。

BigOとBigΩの違い

Big O表記とBigΩ表記の違いは、Big Oは、アルゴリズムの最悪の場合の実行時間を表すために使用されることです。ただし、一方で、BigΩ表記は、特定のアルゴリズムの最良の実行時間を説明するために使用されます。

詳しくは:

  • Big-Ω(Big-Omega)表記
MYCODSCHOOL時間計算量分析