ローカルとリモートの両方でGitブランチを削除する方法

ほとんどの場合、Gitブランチを削除するのは簡単です。この記事では、Gitブランチをローカルおよびリモートで削除する方法を学習します。

TL; DRバージョン

// delete branch locally git branch -d localBranchName // delete branch remotely git push origin --delete remoteBranchName 

ブランチを削除するタイミング

Gitリポジトリが異なるブランチを持つことは一般的です。これらは、新しいコードをメインコードベースから分離しながら、さまざまな機能や修正に取り組むための優れた方法です。

多くの場合、リポジトリmasterにはメインコードベース用のブランチがあり、開発者はさまざまな機能を操作するために他のブランチを作成します。

機能の作業が完了したら、ブランチを削除することをお勧めします。

ブランチをローカルで削除する

Gitでは現在使用しているブランチを削除できないため、削除していないブランチを必ずチェックアウトする必要があります。例えば:git checkout master

でブランチを削除しgit branch -d ます。

例えば: git branch -d fix/authentication

この-dオプションは、ブランチがすでにプッシュされてリモートブランチとマージされている場合にのみ、ブランチを削除します。-Dブランチがまだプッシュまたはマージされていない場合でも、ブランチを強制的に削除する場合は、代わりに使用してください。

これで、ブランチがローカルで削除されます。

ブランチをリモートで削除する

ブランチをリモートで削除するコマンドは次のとおりgit push --delete です。

例えば: git push origin --delete fix/authentication

これで、ブランチがリモートで削除されます。

この短いコマンドを使用して、ブランチをリモートで削除することもできます。 git push :

例えば: git push origin :fix/authentication

以下のエラーが表示された場合は、他の誰かがすでにブランチを削除している可能性があります。

error: unable to push to unqualified destination: remoteBranchName The destination refspec neither matches an existing ref on the remote nor begins with refs/, and we are unable to guess a prefix based on the source ref. error: failed to push some refs to '[email protected]_name' 

以下を使用してブランチリストを同期してみてください。

git fetch -p 

-pフラグ手段「プルーン」。フェッチ後、リモートに存在しなくなったブランチは削除されます。