プロのようにZshでmacOsターミナルを構成する方法

時々、デフォルトの端末を使用するのは面倒です。退屈な端末に命を吹き込み、生産性を向上させるために、普通ではないことをしたいと考えています。

Zシェル(Zsh)は、bash(macOSのデフォルトシェル)上に構築されたUnixシェルであり、多くの改良が加えられています。

このウォークスルーでは、ZSHとその依存関係を使用してiTerm2を構成します。これは簡単なことです。この後、ZSHを以前に発見しなかった理由について考えます。さて、あなたはすでにここにいるので、これをキックスタートしましょう。

基調講演

  • 自作のインストール
  • iTerm2のインストール
  • ZSHおよびOhMyZSHのインストール
  • 美しい端末を作成するための依存関係の設定

ステップ1:Homebrewをインストールする

Homebrewは、AppleのmacOSへのソフトウェアのインストールを簡素化する無料のオープンソースソフトウェアパッケージ管理システムです。

Homebrewをインストールする前に、Xcode用のCLIツールをインストールする必要があります。ターミナルを開き、次のコマンドを実行します。

xcode-select —-install

エラーが発生した場合は、実行xcode-select -r してリセットしxcode-selectます。

次に、Homebrewをインストールします。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL //raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" 

ステップ2:iTerm2をインストールする

iTerm2は、ターミナルの代替品であり、iTermの後継です。ほとんどのソフトウェアエンジニアは、その優れた機能の結果として、macOSに付属しているデフォルトの端末よりもiTerm2を好みます。zshをiTerm2に統合して、生産性を向上させることができます。

iTerm2をインストールするには、次のコマンドを実行します。

brew cask install iterm2

ステップ3:ZSHをインストールする

Zshはインタラクティブな使用のために設計されたシェルですが、強力なスクリプト言語でもあります。

デフォルトでは、macOsはにあるzshとともに出荷され/bin/zshます。

brewを使用してzshをインストールし、iTerm2に使用させましょう。

brew install zsh

ステップ4:Oh MyZshをインストールする

「OhMyZshは、zsh構成を管理するためのオープンソースのコミュニティ主導のフレームワークです。それはあなたを10倍の開発者にするわけではありません…しかしあなたは1人のように感じるかもしれません」— Robby Russell

Zsh上で実行され、〜/ .zhrc構成ファイル内で構成可能なクールな機能を提供します。コマンドを実行してOhMyZshをインストールします

sh -c "$(curl -fsSL //raw.githubusercontent.com/robbyrussell/oh-my-zsh/master/tools/install.sh)"

インストールされているバージョンを確認してください

zsh --version

アップグレードして、提供する最新の機能を入手できます。

upgrade_oh_my_zsh

iTerm2を再起動して、Zshを使用する新しいエクスペリエンスに飛び込みます。「OhMyZsh」の世界へようこそ?

それがすべてではありません。次に、依存関係をインストールして、Zshを最大限に活用します。

ステップ5:デフォルトのテーマを変更する

Oh My Zshには、多くのテーマがバンドルされています。デフォルトのテーマはrobbyrussellですが、任意のテーマに変更できます。このシナリオでは、すでにプリインストールされているテーマであるagnosterに変更しました。

次に、でこのテーマを選択する必要があります~/.zshrc。構成ファイル(.zshrc)を開くには、次のコマンドを実行します。

nano ~/.zshrc

または、テキストエディタでファイルを開きます。

open ~/.zshrc

zshテーマを設定し、変更を更新します

source ~/.zhrc

カスタムテーマの使用

プリインストールされていない別のテーマをインストールするには、リポジトリをcustom/themesディレクトリに複製します。このシナリオでは、powerlevel9kをインストールします。

$ git clone //github.com/bhilburn/powerlevel9k.git ~/.oh-my-zsh/custom/themes/powerlevel9k

次に、このテーマを選択します ~/.zshrc

ZSH_THEME="powerlevel9k/powerlevel9k"

コマンドを実行して変更を更新します source ~/.zshrc

iTerm2 > Preferences > Profiles > Colorsターミナルの背景色を変更する場合は、に移動します。

このシナリオで選択したテーマには、電力線フォントが必要です。それで、それをインストールしましょう。

ステップ6:フォントをインストールする

Inconsolataを使用します。これらの電力線フォントから好みのフォントを取得します。次に、ダウンロードしてインストールします。

または、フォント全体をダウンロードします。

git clone //github.com/powerline/fonts.git cd fonts ./install.sh

フォントを変更するには、に移動しiTerm2 > Preferences > Profiles > Text > Change Fontます。

これで、フォントの1つとしてInconsolataがリストされているのがわかります。お好みのフォントを選択してください。FiraCodeのような合字をサポートするフォントの場合は、[合字を使用する]オプションをオンにして、矢印やその他の演算子を()のようなスタイリッシュな方法で表示します。

ステップ7:配色をインストールする

ターミナルの美しさを引き出すために配色を変えましょう。iTerm2-Color-Schemesに移動し、ZIPフォルダーをダウンロードします。次に、schemesフォルダーにある必要なものをダウンロードしたフォルダーを抽出します。

案内する iTerm2 > Preferences > Profile > Colors > Color Presets > Import

  • スキームフォルダに移動し、好みのカラースキームを選択してインポートします。
  • 特定の配色をクリックしてアクティブにします。このシナリオでは、好みの配色であるバットマンをアクティブにしました。

多田!?これで基本設定は完了です。

ステップ8:プラグインをインストールする

Oh MyZSHにはgitプラグインがプリロードされています。たとえば、docker、自動暗示、構文の強調表示などを追加するには、次のようにします。

  • Gitリポジトリのクローンを作成する
git clone //github.com/zsh-users/zsh-docker.git ${ZSH_CUSTOM:-~/.oh-my-zsh/custom}/plugins/zsh-docker
  • .oh-my-zsh > custom > pluginsディレクトリに移動して、複製されたディレクトリを表示します。これにアクセスするには、コマンドを実行しますopen ~/.oh-my-zsh
  • ~/.zshrc以下に示す設定ファイルのプラグインセクションにプラグインを追加します
  • コマンドを実行して変更を更新します source ~/.zshrc

ステップ9:エイリアスを追加する

エイリアスは、コマンドの入力にかかる時間を短縮するために使用されるショートカットです。以下に示すセクションで実行するコマンドにエイリアスを追加します。

読んでくれてありがとう

ZSHを使用して生産性を向上させる他の方法をご存知の場合は、コメントセクションにドロップしてください。ご連絡をお待ちしております。