ループ構文の例を使用してC ++でWhileループを実行する

ループは、特定の条件に基づいてコードを繰り返し実行できるようにする制御フローステートメントです。

do whileループの変異体であるwhile、一度条件をチェックする前に、コードブロックを実行するループ。次に、条件が真である限り、ループを繰り返します。

構文

dowhileループの基本的な構文は次のとおりです。

do { // body of the loop } while (condition);

終了条件のテストは、ループが実行されるたびに行われることに注意してください。これは、最初に条件がfalseであっても、ループが常に少なくとも1回実行されることを意味します。

これはwhile、条件がループの前にテストされ、コードブロックの実行が保証されない通常のループとは対照的です。

これが通常のwhileループです。

while (condition) { // body of the loop }

dowhileループの例

実用的な例を見てみましょう:

#include  int main () { int number = 1; do { std::cout << number << std::endl; number++; } while (number < 5); return 0; }

出力:

1 2 3 4

この例では、整数変数を初期化しますnumber = 1。次に、ループを繰り返し実行します。

ループ内で変数を出力し、変数を1つ増やします。ループはnumber5より小さい限り実行されます。したがって、1〜4の数字が出力されます。

例2

別の例とその出力を次に示します。

10
#include  int main () { int number = 10; do { std::cout << number << std::endl; number++; } while (number < 5); return 0; }

この例では、最初の例と同じコードを使用します。しかし今、変数をで初期化しますnumber = 10

10は5以上なので、私たちの条件はすでに偽です。ループは引き続き1回実行され、出力は10のみです。

Do Whileループはいつ使用する必要がありますか?

do whileあなたが繰り返し実行されるコードが必要な場合は、ループは素晴らしいツールです。上で述べたように、ループが必要なときはいつでもこの構文を使用する必要があります。また、コードブロックの少なくとも1つの実行が実行されることを保証する必要もあります。

例2のようなコードを想像してみてください。ただし、ハードコードされた値で変数を初期化することはありません。代わりに、ユーザー入力を使用します。

ユーザー入力が十分に小さいことを保証することはできませんが、出力コンソールに少なくとも1つのprintステートメントを表示する必要があります。これは、do whileループの完璧なユースケースです。

// Pseudo code where do while is useful: int number = getUserInput(); do { std::cout << number << std::endl; number = someUpdateCalculation(); } while (number < 5);