JavaScript配列の長さの説明

length はJavaScriptの配列のプロパティであり、指定された配列の要素数を返すか設定します。

length配列のプロパティは、そのように返すことができます。

let desserts = ["Cake", "Pie", "Brownies"]; console.log(desserts.length); // 3

代入演算子は、lengthプロパティと組み合わせて、配列内の要素の数をそのように設定するために使用できます。

let cars = ["Saab", "BMW", "Volvo"]; cars.length = 2; console.log(cars.length); // 2

アレイに関する詳細情報:

isArray()メソッド

Array.isArray()メソッドの戻りtrueオブジェクトは、アレイである場合false、それがない場合。

構文:

Array.isArray(obj)

パラメーター:

objチェックするオブジェクト。

MDNリンク| MSDNリンク

例:

// all following calls return true Array.isArray([]); Array.isArray([1]); Array.isArray(new Array()); // Little known fact: Array.prototype itself is an array: Array.isArray(Array.prototype); // all following calls return false Array.isArray(); Array.isArray({}); Array.isArray(null); Array.isArray(undefined); Array.isArray(17); Array.isArray('Array'); Array.isArray(true); Array.isArray(false); Array.isArray({ __proto__: Array.prototype });

Array.prototype.forEach

'forEach'配列メソッドは、配列内の各項目を反復処理するために使用されます。このメソッドは配列オブジェクトで呼び出され、配列内の各アイテムで呼び出される関数が渡されます。

var arr = [1, 2, 3, 4, 5]; arr.forEach(number => console.log(number * 2)); // 2 // 4 // 6 // 8 // 10

配列内の現在のアイテムのインデックスを参照する必要がある場合、コールバック関数はインデックスの2番目のパラメーターを取ることもできます。

var arr = [1, 2, 3, 4, 5]; arr.forEach((number, i) => console.log(`${number} is at index ${i}`)); // '1 is at index 0' // '2 is at index 1' // '3 is at index 2' // '4 is at index 3' // '5 is at index 4'

配列についてさらに読む:

array.prototype.filter

array.prototype.reduce