例で説明されたC ++マップ

mapキーと値のペアで要素を格納するコンテナです。これは、Javaのコレクション、PHPの連想配列、またはJavaScriptのオブジェクトに似ています。

使用する主な利点はmap次のとおりです。

  • map 一意のキーのみが格納され、キー自体は並べ替えられた順序になります
  • キーはすでに整理されているため、要素の検索は非常に高速です
  • すべてのキーに1つの値しかありません

次に例を示します。

#include  #include  using namespace std; int main (){ map first; //initializing first['a']=10; first['b']=20; first['c']=30; first['d']=40; map::iterator it; for(it=first.begin(); it!=first.end(); ++it){ cout 

Output:

a => 10 b => 20 c => 30 d => 40

Creating a map object

map myMap;

Insertion

Inserting data with insert member function.

myMap.insert(make_pair("earth", 1)); myMap.insert(make_pair("moon", 2));

We can also insert data in std::map using operator [] i.e.

myMap["sun"] = 3;

Accessing map elements

To access map elements, you have to create iterator for it. Here is an example as stated before.

map::iterator it; for(it=first.begin(); it!=first.end(); ++it){ cout 

Original text