Bashコマンド:Bash ls、Bash head、Bash mv、およびBashcatを例で説明

Bash ls

ls は、Unixライクなオペレーティングシステムで、フォルダやファイル名などのディレクトリの内容を一覧表示するコマンドです。

使用法

cat [options] [file_names]

最もよく使用されるオプション:

  • -a、非表示でで始まるものを含む、すべてのファイルとフォルダ .
  • -l、すべてのファイルを長い形式で一覧表示します
  • -G、カラー出力を有効にする

例:

のファイルを一覧表示 freeCodeCamp/guide/

メインのfreeCodeCampリポジトリのクローンを作成した後lsfreeCodeCampディレクトリで実行した後の出力は次のとおりです。

api-server docker-compose.yml public change_volumes_owner.sh Dockerfile.tests README.md client docs sample.env CODE_OF_CONDUCT.md HoF.md search-indexing config lerna.json SECURITY.md CONTRIBUTING.md LICENSE.md server curriculum node_modules tools docker-compose-shared.yml package.json utils docker-compose.tests.yml package-lock.json

その他のbashコマンド

バッシュヘッド

head最初の10行(デフォルト)または1つまたは複数のファイルに指定されたその他の量を印刷するために使用されます。cat一方、は、ファイルを順番に読み取り、標準出力に出力するために使用されます(つまり、ファイルの内容全体を印刷します)。

ただし、これは必ずしも必要ではありません。ファイルの内容をチェックして正しいかどうかを確認したり、ファイルが実際に空ではないことを確認したりする場合があります。このheadコマンドを使用すると、ファイルの最初のN行を表示できます。

複数のファイルが呼び出された場合、特定の行数が指定されていない限り、各ファイルの最初の10行が表示されます。以下のオプションを使用して、ファイルヘッダーを表示することを選択することはオプションです。

使用法

head [options] [file_name(s)]

最もよく使用されるオプション:

  • -n N、ファイルの最初のN行を出力します
  • -q、ファイルヘッダーを印刷しません
  • -v、常にファイルヘッダーを出力します

head file.txt

file.txtの最初の10行を出力します(デフォルト)

head -n 7 file.txt

file.txtの最初の7行を出力します

head -q -n 5 file1.txt file2.txt

file1.txtの最初の5行を出力し、その後にfile2.txtの最初の5行を出力します

バッシュmv

このbashコマンドは、ファイルとフォルダーを移動します。

mv source target mv source ... directory

最初の引数は移動するファイルで、2番目の引数はファイルの移動先です。

一般的に使用されるオプション:

  • -f ユーザーに確認せずに、それらを強制的に移動してファイルを上書きします。
  • -i ファイルを上書きする前に確認を求める。

バッシュキャット

cat Unixオペレーティングシステムで最も頻繁に使用されるコマンドの1つです。

catファイルを順番に読み取り、標準出力に出力するために使用されます。名前は、それがコンできる道から来ている猫のenatesファイルを。

使用法

cat [options] [file_names]

最もよく使用されるオプション:

  • -b、空白以外の出力行の数
  • -n、すべての出力行に番号を付けます
  • -s、隣接する複数の空白行を絞ります
  • -v、タブと行末文字を除く、印刷されない文字を表示します

file.txtの内容を印刷します。

cat file.txt

2つのファイルの内容を連結し、結果をターミナルに表示します。

cat file1.txt file2.txt

Bashの詳細:

Bashとは何ですか?

Bash (short for Bourne Again SHell) is a Unix shell, and a command language interpreter. A shell is simply a macro processor that executes commands. It’s the most widely used shell packaged by default for most Linux distributions, and a successor for the Korn shell (ksh) and the C shell (csh).

Many things that can be done in the GUI of a Linux operating system can be done via the command line. Some examples are:

  • Editing files
  • Adjusting the volume of the operating system
  • Fetching web pages from the internet
  • Automating work you do every day

You can read more about bash here, via the GNU Documentation, and via the tldp guide.

Using bash on the command line (Linux, OS X)

You can start using bash on most Linux and OS X operating systems by opening up a terminal. Let’s consider a simple hello world example. Open up your terminal, and write the following line (everything after the $ sign):

[email protected]:~$ echo "Hello world!" Hello world!

As you can see, we used the echo command to print the string “Hello world!” to the terminal.

Writing a bash script

You can also put all of your bash commands into a .sh file, and run them from the command line. Say you have a bash script with the following contents:

#!/bin/bash echo "Hello world!"

This script only has two lines. The first indicates what interpreter to use to run the file (in this case, bash). The second line is the command we want to use, echo, followed by what we want to print, here, "Hello world!"

It’s worth noting that first line of the script starts with #!. It is a special directive which Unix treats differently.

Why did we use #!/bin/bash at the beginning of the script file?

That is because it is a convention to let the interactive shell know what kind of interpreter to run for the program that follows.

The first line tells the operating system that the file should be executed by the program at /bin/bash, the standard location of the Bourne shell on almost every Unix or Unix-like system. By adding #!/bin/bash at the beginning of the script, it tells the OS to use the shell at that specific path to execute all the following commands in the script.

#! goes by many names such as "hash-bang", "she-bang", "sha-bang", or "crunch-bang". Note that this first line is only considered if the script is an executable.

For example, if myBashScript.sh is executable, the command ./myBashScript.sh will cause the OS will look at the first line figure out which interpreter to use. In this case it would be #!/bin/bash.

On the other hand, if you run bash myBashScript.sh, then the first line is ignored since the OS already knows to use bash.

To make myBashScript.sh executable, simply run sudo chmod +x myBashScript.sh. Then run the following command to execute the script:

[email protected]:~$ ./myBashScript.sh Hello world!

Sometimes the script won’t be executed, and the above command will return an error. It is due to the permissions set on the file. To avoid that, use:

[email protected]:~$ chmod u+x myBashScript.sh

And then execute the script.