常にユーザー資格情報を要求するGitを修正する方法

GitHubを構成した後でも、GitHubを操作しようとするたびに、ユーザー名とパスワードの入力を求めるGitに遭遇したことがありますか?これは、リポジトリにHTTPSクローンURLを使用するユーザーの間で非常に一般的な問題です。この記事では、これを修正する方法を紹介します。

//クローンURLは、すべてのパブリックとプライベートのリポジトリで利用可能です。これらのURLは、ファイアウォールやプロキシの背後にいる場合でも、どこでも機能します。

コマンドラインでHTTPSURLを使用してリモートリポジトリとやり取りすると、GitHubのユーザー名とパスワードの入力を求められますが、これは問題ありませんか?

HTTPSリモートURLをうまく使用することには、いくつかの利点があります。SSHよりもセットアップが簡単です:)、通常、厳密なファイアウォールとプロキシを介して機能します。ただし、リポジトリをプルまたはプッシュするたびに、GitHubユーザー資格情報を入力するように求められます:(。

パスワードを保存するようにGitを構成することで、これを修正できます。

方法は次のとおりです。

  • HTTPSの代わりにSSHを使用してリモートの元のURLを更新します。
git remote set-url origin [email protected]:username/repo.git 

または

  • Gitにユーザー名とパスワードを保存させると、Gitがそれらを要求することはありません。
git config --global credential.helper store 
  • セッションのユーザー名とパスワードを保存します(キャッシュします)。
git config --global credential.helper cache 
  • 上記の設定のタイムアウトを設定することもできます
git config --global credential.helper 'cache --timeout=600' 

ビンゴ、あなたはそれを修正しただけです、Gitはあなたの資格情報を二度と要求しません。

結論

ただし、セキュリティ上の理由から、SSHを使用してGitHubとやり取りすることをお勧めします。特に、会社で働いている場合や、自分のものではないコンピューターを使用している場合はそうです。

SSHプロトコルを使用すると、毎回ユーザー名やパスワードを入力しなくてもGitHubに接続できます。

SSHを使用してGitHubに接続する方法についてはこちらをご覧ください。