Ruby文字列メソッドの説明-長さ、空、およびその他の組み込みメソッド

Rubyには、文字列を操作するための多くの組み込みメソッドがあります。Rubyの文字列はデフォルトで変更可能であり、その場で変更したり、メソッドから新しい文字列を返したりすることができます。

長さ

この.lengthプロパティは、空白を含む文字列の文字数を返します。

"Hello".length #=> 5 "Hello World!".length #=> 12

空の

.empty?この方法は、戻りtrue列はゼロの長さを持っている場合。

"Hello".empty? #=> false "!".empty? #=> false " ".empty? #=> false "".empty? #=> true

カウント

この.countメソッドは、特定の文字が文字列内で見つかった回数をカウントします。

この方法では大文字と小文字が区別されます。

"HELLO".count('L') #=> 2 "HELLO WORLD!".count('LO') #=> 1

インサート

この.insertメソッドは、指定されたインデックスの前にある文字列を別の文字列に挿入します。

"Hello".insert(3, "hi5") #=> Helhi5lo # "hi5" is inserted into the string right before the second 'l' which is at index 3

大文字

この.upcaseメソッドは、文字列内のすべての文字を大文字に変換します。

"Hello".upcase #=> HELLO

ダウンケース

この.downcaseメソッドは、文字列内のすべての文字を小文字に変換します。

"Hello".downcase #=> hello

スワップケース

この.swapcaseメソッドは、文字列内の大文字の後者を小文字に変換し、小文字を大文字に変換します。

"hELLO wORLD".swapcase #=> Hello World

大文字にする

この.capitalizeメソッドは、文字列の最初の文字を大文字にし、残りの文字列を小文字にします。

"HELLO".capitalize #=> Hello "HELLO, HOW ARE YOU?".capitalize #=> Hello, how are you?

最初の文字は、文字列の先頭にある場合にのみ大文字になることに注意してください。ruby "-HELLO".capitalize #=> -hello "1HELLO".capitalize #=> 1hello

逆行する

この.reverseメソッドは、文字列内の文字の順序を逆にします。

"Hello World!".reverse #=> "!dlroW olleH"

スプリット

.split文字列を取り、分割、配列にそれを、その配列を返します。

"Hello, how are you?".split #=> ["Hello,", "how", "are", "you?"]

デフォルトの方法では、別の区切り文字が指定されていない限り、空白に基づいて文字列が分割されます(2番目の例を参照)。

"H-e-l-l-o".split('-') #=> ["H", "e", "l", "l", "o"]

チョップ

この.chopメソッドは、文字列の最後の文字を削除します。

.chop!元の文字列を変更するメソッドを使用しない限り、新しい文字列が返されます。

"Name".chop #=> Nam
name = "Batman" name.chop name == "Batma" #=> false
name = "Batman" name.chop! name == "Batma" #=> true

ストリップ

.stripこの方法は、タブ、改行、およびキャリッジリターンを含む文字列の先頭と末尾の空白を削除し(\t\n\r)。

" Hello ".strip #=> Hello

チョップ

この.chompメソッドは、キャリッジリターンまたは改行(\r\n)の場合にのみ、文字列の最後の文字を削除します。

このメソッドはgets、ユーザー入力からリターンを削除するコマンドで一般的に使用されます。

"hello\r".chomp #=> hello "hello\t".chomp #=> hello\t # because tabs and other whitespace remain intact when using `chomp`

整数へ

この.to_iメソッドは、文字列を整数に変換します。

"15".to_i #=> 15 # integer

Gsub

gsub 文字列の最初のパラメータのすべての参照を2番目のパラメータに置き換えます。

"ruby is cool".gsub("cool", "very cool") #=> "ruby is very cool"

gsubまた、最初のパラメーターとしてパターン(regexpなど)を受け入れ、次のようなことを可能にします。

"ruby is cool".gsub(/[aeiou]/, "*") #=> "r*by *s c**l"

連結

Ruby implements some methods to concatenate two strings together.

The + method:

"15" + "15" #=> "1515" # string

The << method:

"15" < "1515" # string

The concat method:

"15".concat "15" #=> "1515" # string

Index

The index method returns the index position of the first occurrence of the substring or regular expression pattern match in a string. If there is no match found, nil is returned.

A second optional parameter indicates which index position in the string to begin searching for a match.

"information".index('o') #=> 3 "information".index('mat') #=> 5 "information".index(/[abc]/) #=> 6 "information".index('o', 5) #=> 9 "information".index('z') #=> nil

Clear

Removes string content.

a = "abcde" a.clear #=> ""