「ZSH」ターミナルを7つのステップでジャズアップ—ビジュアルガイド

「ZSH」ターミナルを7つのステップでジャズアップ—ビジュアルガイド

このブログでは、ITerm2、ZSHシェル、「oh my ZSH」、テーマ、ITerm2カラースキーム、「oh my ZSH」プラグインのインストールについて説明し、「合字」サポートを有効にして、美しく強力なターミナルの作成を支援します。

通常のBashターミナルを強力にしたい場合は、以前のブログ「Jazz Up YourBashTerminal」をご覧ください。しかし、このブログで説明されているZSHは、より強力なものです。

概要:

多くのことをカバーします。これは紛らわしいかもしれないので、これが私たちがやろうとしていることの要約です。

  1. ITerm2をインストールします—これはデフォルトのターミナルのより良い代替手段です
  2. 最新のZSHシェルをインストールする—これは通常のbashシェルよりも強力です。ITerm2をZSHシェルを使用するように切り替えます。
  3. 「OhMyZSH」をインストールする—これは、ZSHを簡単に構成し、テーマとプラグインをZSHに追加するためのCLIツールです。
  4. 「OhMyZSH」を使用して、2種類のテーマを追加します。一部のテーマには追加の手順が必要なため、両方について説明します。
  5. さまざまなITerm2スキームをインストールする—これらはUIの単なる配色です
  6. 「OhMyZSH」を使用して2つの異なるプラグインを追加し、生産性を向上させます
  7. あなたは矢印書くときに「合字」のサポートを有効にする=> ;、それは本当の編曲のように表示されますOのw→

ステップ1-ITerm2をインストールする

デフォルトのターミナルの代わりにITerm2のような多くのプログラマー。ターミナルに似ていますが、独自の機能がたくさんあります。もちろん、ZSH、Bash、その他のシェルを内部で実行できます。

次のビデオは、アイテム2(v3)の新機能の一部を示しています。

このブログでは、ITerm2を使用します。「ターミナル」とは、ITerm2を意味します。手順はターミナルまたはITerm2の両方で同じですが。

ステップ2—シェルをZSHに変更する

次のビデオは、ZSHが単なるbashシェルよりも優れている理由を示しています。

オプション1— Mac独自のZSHを使用します:

MacにはZSHが標準で付属しているため、インストールする必要はありません。ただし、ZSHの古いバージョンである場合もあります。通常、これは/ bin / zshにあります。これを使用するには、シェル(chsh)を変更するだけです。

  1. ターミナル(またはITerm2)を開き、次のコマンドを入力します。
$ chsh -s $(which zsh)

2.パスワードを入力すると、ログアウトおよびログイン時にシェルが変更されます。

3.ログアウトして再ログインします

4.テストするには、ターミナルを開いて次のように入力すると、zshと表示されます。

$ echo $0 zsh //should return zsh

オプション2-Homebrewをインストールし、Homebrew経由で最新のZSHをインストールする

一部のプラグインは最新のZSHでのみ機能するため、このオプションはユーザーの間でかなり一般的です。

Homebrewは、簡単に言うと、あらゆる種類のソフトウェアのコマンドラインインストーラーです。最初にインストールしましょう。

  1. 次のコマンドを実行してHomebrewをインストールします。
ruby -e "$(curl -fsSL //raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

2. Xcode用のコマンドラインツールエラーが発生した場合は、Xcode用のCLIツールがインストールされていないことを意味します。エラーが発生しない場合は、すでにインストールされているため、この手順をスキップできます。

XCode Developer CLIツールは、OSXのコア機能を操作するさまざまなアプリで使用されます。したがって、次のコマンドを実行して、XcodeCLIツールをインストールしてください。

$ xcode-select —-install

注:上記のコマンドは、Macのインストーラーを開き、XCode DeveloperCLIツールをインストールします。動作しない場合は、xcode-select -rリセットしてみてください。

3.Homebrew経由でZSHをインストールします

次のコマンドを実行してZSHをインストールします。/usr/local/bin/zshPSにインストールされます:MacのデフォルトのZSHは/bin/zsh

brew install zsh

4.ZSHの自作バージョンを使用します

次のコマンドを実行します。Macのパスワードを入力するように求められます。

chsh -s /usr/local/bin/zsh

5.ログアウトして再度ログインします。

6.ZSHと正しいZSHを使用しているかどうかをテストします

$ echo $0 zsh //correct $ which zsh /usr/local/bin/zsh //correct

ステップ3—「OhMyZSH」

「OhMyZSH」は、ZSH上で実行されるプラグインです。ZSHのデフォルト設定(〜/ .zhrcファイル)を提供し、テーマやその他の機能も提供します。

私の知る限り、ZSHを使用するほとんどのパワーユーザーは「OhMyZSH」も使用しています。
  1. 「OhMyZSH」をインストールします

次のコマンドを実行して、「ohMyZSH」をインストールします。

sh -c "$(curl -fsSL //raw.github.com/robbyrussell/oh-my-zsh/master/tools/install.sh)"

2. ITerm2を閉じて終了し、再度開きます。

以下のようになります。プロンプトが変更され、テーマが少し異なっていることに注意してください。これが「OhMyZSH」の動作です。

ステップ4—テーマを変更してフォントをインストールする

このステップでは、2つの異なる「OhMyZSH」テーマを追加します。「OhMyZSH」には、たくさんのテーマがあります。PS:しかし、一部のテーマには、特定のフォントのインストールなどの追加の手順が必要です。

テーマを設定するには、〜/ .zshrcファイル(「OhMyZSH」で作成)を開き、以下のようにテーマを変更します。

PS:.zshrcは、ZSHシェルの構成ファイルです。「OhMyZSH」を使用しない場合は、このファイルを手動で作成し、構成を自分で追加する必要があります。「OhMyZSH」は、このファイルが存在しない場合は自動的に作成し、独自の構成セットをこのファイルに追加します。

テーマ1—「Avit」というテーマを追加しましょう

  1. .zshrcを開きます
$ open ~/.zshrc

2.テーマを「Avit」に変更します

ここですべての「OhMyZSH」テーマを参照できます。テーマを変更するには、〜/ .zshrcファイルのZSH_THEME値をrobbyrussellからAvitに変更するだけです。

3.ZSH構成を更新します

次のコマンドを実行して、構成を更新します。

$ source ~/.zshrc

4.背景色とフォントサイズを変更します

以下に示すように、ITerm2>設定>プロファイル>色を開き、背景の黒色を20%グレーを使用するように変更します。

次に、[テキスト]> [フォントの変更]を開き、サイズを14ptに変更します。

OK、フォントが必要な別のテーマをインストールしましょう。

テーマ2—「agnoster」のインストールOh MyZSHテーマ

これは、ターミナルを拡張するPowerline Pythonアプリをエミュレートするため、人気のあるテーマです。次の図は、その外観を示しています。ただし、このテーマでは、Powerlineテーマをインストールする必要もあります。

1.Powerlineフォントをインストールします

$ git clone //github.com/powerline/fonts.git $ cd fonts $ ./install.sh

2.テーマを「agnoster」に変更します

$ open ~/.zshrc Set ZSH_THEME="agnoster" and save the file

3. ITerm2を終了し、再度開きます。

4.Powerlineフォントを設定します

Powerlineのパッチを適用したフォントを好きなように設定できます。すべてのフォントは「forPowerline」で終わります。

開いてITerm2 > Preferences > Profiles > Text > Change Font、「電力線用」のあるものに設定します。私が選んだ「電力線用Meslo LG DZ」フォントを。

注—フォントとテーマについて混乱している場合:テーマは「OhMy ZSH」とZSHシェル用であり、フォントはIterm2自体用です。

5.すべて完了

この時点で、ターミナルは次のようになります。

ステップ5— iTerm2の「カラースキーム」(ITerm2テーマ)をインストールする

iTerm2にはゴージャスな配色がたくさんあります。これらのスキームは、前景色、背景色、カーソルの色などを変更します。それらはiTerm2-color-schemesGithubリポジトリで見つけることができます。

注:これらはITerm2 UIの単なる配色であり、コマンドプロンプトのルックアンドフィールを「OhMyZSH」のテーマのように扱うものではありません(色を変更するだけではありません)。

次の手順に従ってインストールしてください。

  1. iTerm2-color-schemesをzipファイルとしてダウンロードして解凍します
  2. 「Schemes」フォルダには、すべての配色ファイルが含まれています—それらはで終わります .itermcolors
  3. 開いた iTerm2 > Preferences > Profile > Colors > Color Presets > Import
  4. インポートウィンドウで、「Schemes」フォルダーに移動します(ステップ2から)
  5. すべてのファイルを選択して、すべての配色を一度にインポートできるようにします
  6. 好きな配色を選択するだけです。
私のお気に入りはバットマンアオイガイです

Argonautの配色は次のようになります。

ステップ6-プラグインをインストールする

プラグインはワークフローに機能を追加します。デフォルトでは、「OhMyZSH」にはすでに「git」プラグインがあります。そのため、以前のスクリーンショットのプロンプトでこれらすべてのGitステータスを確認できました。それがどのように機能するかを確認するために、もう1つ追加してみましょう。

注:このセクションでは、2つの異なるプラグインをインストールして、それらがどのように機能するかを示します。

プラグイン1—構文強調表示プラグインを追加

シンタックスハイライトプラグインは、以下に示すように、入力しているコマンドに美しい色を追加します。

  1. zsh-syntax-highlightingプラグインのリポジトリのクローンを作成し、「OhMyZSH」プラグインディレクトリにコピーします。
git clone //github.com/zsh-users/zsh-syntax-highlighting.git ${ZSH_CUSTOM:-~/.oh-my-zsh/custom}/plugins/zsh-syntax-highlighting

2.以下に示すように、[プラグイン]セクションに~/.zshrc`zsh-syntax-highlightingを追加して、プラグインをアクティブ化します。

3.zshrc構成を再読み取りします

source ~/.zshrc

プラグイン2—ZSHを追加-AutoSuggestionプラグイン

このプラグインは、前のコマンドのいずれかを自動的に提案します。かなり便利です!完了を選択するには、→キーを押すだけです。

  1. プラグインをインストールします
git clone //github.com/zsh-users/zsh-autosuggestions $ZSH_CUSTOM/plugins/zsh-autosuggestions
PS:ZSH_CUSTOMは〜/ .oh-my-zsh / customを指します

~/.zshrc2.zsh-autosuggestionsを開いて追加します

ステップ7—合字サポートを使用する

「より小さい」、「二重等号」、「右矢印」、「等しくない」などの演算子を美しく見せるために役立つさまざまなフォントがあります。たとえば、「=>」と入力するたびに、「→」になります。

これを使用するには、合字をサポートするフォントが必要です。ITerm2でも有効にする必要があります。FiraCodeはそのようなフォントの1つです。手順に従って、合字をインストールして有効にします。

  1. FiraCodeリポジトリをダウンロードし、zipファイルを抽出します(またはクローンを作成します)
  2. dstr > ttfフォルダを開き、すべての*.ttfファイルをダブルクリックし、[フォントのインストール]ボタンを選択して、各フォントのバリエーションをインストールします。
  3. 案内する ITerm2 | Preferences | Profiles | Text
  4. チェックボックスを選択Use Ligatures
  5. フォントをクリックしChange Fontて選択しますFira Code Regular

概要

このブログでは、Homebrew、Oh My ZSH、プラグイン、テーマを介して最新のZSHをインストールし、FiraCodeフォントの「合字」を有効にすることから始めて多くのことを取り上げました。

?? ありがとうございました!

これが役に立った場合は、拍手をクリックしてください。下のボタンを数回押して、サポートを示してください。⬇⬇⬇??

私の他の投稿

//medium.com/@rajaraodv/latest

ECMAScript 2015+

  1. これらの便利なECMAScript2015(ES6)のヒントとコツを確認してください
  2. ES6で修正された5つのJavaScript「不良」パーツ
  3. ES6の「クラス」は新しい「悪い」部分ですか?

ターミナルの改善

  1. ターミナルをジャズアップする方法—写真付きのステップバイステップガイド
  2. 「ZSH」ターミナルを7つのステップでジャズアップ—ビジュアルガイド

WWW

  1. WebとJavaScriptの魅力的で乱雑な歴史

仮想DOM

  1. 仮想DOMの内部動作

Reactのパフォーマンス

  1. 本番環境でReactアプリのサイズを縮小する2つの簡単な方法
  2. Reactの代わりにPreactを使用する

関数型プログラミング

  1. JavaScriptはチューリング完全です—説明
  2. JSでの関数型プログラミング—実用的な例を使って(パート1)
  3. JSでの関数型プログラミング—実用的な例を使って(パート2)
  4. Reduxが「純粋関数」であるためにレデューサーを必要とする理由

WebPack

  1. Webpack —紛らわしい部分
  2. Webpackとホットモジュールの交換[HMR] 内部
  3. WebpackのHMRとReact-Hot-Loader—不足しているマニュアル

Draft.js

  1. Draft.jsを選ぶ理由と貢献すべき理由
  2. Draft.jsがリッチテキストデータを表す方法

React And Redux:

  1. ReactReduxアプリを構築するためのステップバイステップガイド
  2. React Redux CRUDアプリを構築するためのガイド(3ページのアプリ)
  3. ReactReduxアプリでのミドルウェアの使用
  4. Reduxアプリを反応させるための堅牢なフォーム検証の追加
  5. JWTトークンを使用したReactReduxアプリの保護
  6. ReactReduxアプリでのトランザクションメールの処理
  7. ReactReduxアプリの構造
  8. Reduxが「純粋関数」であるためにレデューサーを必要とする理由
  9. 本番環境でReactアプリのサイズを縮小する2つの簡単な方法

これが役に立った場合は、拍手をクリックしてください。下のボタンを数回押して、サポートを示してください。⬇⬇⬇??

ご不明な点がございましたら、Twitterでお気軽にお問い合わせください://twitter.com/rajaraodv