GitAddを元に戻す方法

git addコミットする前に元に戻すには、すべての変更を実行git reset またはgit resetステージ解除します。

Gitリポジトリの古いバージョンでは、コマンドであったgit reset HEAD git reset HEAD、それぞれ。これはGit1.8.2で変更されました

これらの役立つ記事で、他の一般的に使用されるGitアクションの詳細を読むことができます。

  • Gitチェックアウト
  • GitプルとGitフェッチ
  • Gitignore

Gitに関するもう少し背景情報があります

Gitプロジェクトの3つのセクションを理解する

Gitプロジェクトには、次の3つの主要なセクションがあります。

  1. Gitディレクトリ
  2. 作業ディレクトリ(または作業ツリー)
  3. ステージングエリア

Gitのディレクトリ(にありますがYOUR-PROJECT-PATH/.git/Gitはそれが正確にプロジェクトを追跡するために必要なすべてを保存する場所)です。これには、メタデータと、プロジェクトファイルの圧縮バージョンを含むオブジェクトデータベースが含まれます。

作業ディレクトリは、ユーザがプロジェクトにローカルな変更を行う場所です。作業ディレクトリは、プロジェクトのファイルをGitディレクトリのオブジェクトデータベースから取得し、ユーザーのローカルマシンに配置します。

ステージング領域は、あなたになりますかについての情報が格納され、次のコミットというファイル(とも呼ばれる「インデックス」、「ステージ」、または「キャッシュ」)です。コミットとは、これらの段階的な変更を保存するようにGitに指示することです。Gitはファイルのスナップショットをそのまま取得し、そのスナップショットをGitディレクトリに永続的に保存します。

3つのセクションがあり、ファイルがいつでも存在できる3つの主要な状態があります。コミット、変更、またはステージングです。あなたは、修正ファイルにあなたがあなたの作業ディレクトリで、それに変更を加える任意の時間を。次に、それはだ上演あなたがステージングエリアに移動するとき。最後に、それはだコミットコミット後。

Gitをインストールする

  • Ubuntu: sudo apt-get install git
  • Windows:ダウンロード
  • Mac:ダウンロード

Git環境を構成する

Gitには、git configGit環境をカスタマイズできるツールがあります。特定の構成変数を設定することで、Gitの外観と機能を変更できます。これらのコマンドは、マシンのコマンドラインインターフェイス(Macの場合はターミナル、Windowsの場合はコマンドプロンプトまたはPowershell)から実行します。

これらの構成変数が格納される場所には、次の3つのレベルがあります。

  1. システム:に/etc/gitconfigあり、コンピュータのすべてのユーザーにデフォルト設定を適用します。このファイルに変更を加えるに--systemは、git configコマンドでオプションを使用します。
  2. ユーザー:~/.gitconfigまたは~/.config/git/configにあり、1人のユーザーに設定を適用します。このファイルに変更を加えるに--globalは、git configコマンドでオプションを使用します。
  3. プロジェクト:にありYOUR-PROJECT-PATH/.git/config、プロジェクトにのみ設定を適用します。このファイルに変更を加えるには、git configコマンドを使用します。

互いに競合する設定がある場合、プロジェクトレベルの構成はユーザーレベルの構成をオーバーライドし、ユーザーレベルの構成はシステムレベルの構成をオーバーライドします。

Windowsユーザーへの注意:Gitは.gitconfig$HOMEディレクトリ(C:\Users\$USER)でユーザーレベルの構成ファイル()を探します。Gitも検索しますが/etc/gitconfig、MSysルートに関連しています。これは、インストーラーの実行時にWindowsシステムにGitをインストールすることを決定した場所です。Git for Windowsのバージョン2.x以降を使用している場合は、C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Git\configWindowsXPおよびC:\ProgramData\Git\configWindowsVista以降にシステムレベルの構成ファイルもあります。この設定ファイルはgit config -f FILE、管理者としてのみ変更できます。

名前とメールアドレスを追加する

Gitには、コミットの情報の一部としてユーザー名とメールアドレスが含まれています。次のコマンドを使用して、ユーザーレベルの構成ファイルでこれを設定する必要があります。

git config --global user.name "My Name" git config --global user.email "[email protected]"

テキストエディタを変更する

Gitは自動的にデフォルトのテキストエディタを使用しますが、これは変更できます。代わりにAtomエディターを使用する例を次に示し--waitます(このオプションは、プログラムが進む前にテキストエディターで作業できるように、シェルにテキストエディターを待機するように指示します)。

git config --global core.editor "atom --wait"

Git出力に色を追加する

次のコマンドを使用して、Git出力に色を追加するようにシェルを構成できます。

git config --global color.ui true

すべての構成設定を表示するには、コマンドを使用しますgit config --list

プロジェクトでGitを初期化する

Gitをコンピューターにインストールして構成したら、プロジェクトでGitを初期化して、バージョン管理機能の使用を開始する必要があります。コマンドラインで、cdコマンドを使用して、プロジェクトの最上位(またはルート)フォルダーに移動します。次に、コマンドを実行しgit initます。これにより、Gitがプロジェクトを追跡するために必要なすべてのファイルとオブジェクトを含むGitディレクトリフォルダーがインストールされます。

Gitディレクトリがプロジェクトのルートフォルダにインストールされていることが重要です。Gitはサブフォルダー内のファイルを追跡できますが、Gitディレクトリに関連する親フォルダーにあるファイルは追跡しません。

Gitでヘルプを取得する

Gitでコマンドがどのように機能するかを忘れた場合は、コマンドラインからいくつかの方法でGitヘルプにアクセスできます。

git help COMMAND git COMMAND --help man git-COMMAND

これにより、シェルウィンドウにコマンドのマニュアルページが表示されます。ナビゲートするには、上下の矢印キーでスクロールするか、次のキーボードショートカットを使用します。

  • fまたはスペースバーでページを進める
  • bページに戻る
  • q終了する