LinuxでのCatコマンド–CatまたはTouchを使用してテキストファイルを作成する方法

このcatコマンドは、nixエコシステムで非常に人気があり用途の広いコマンドです。このcatコマンドの一般的な使用法は4つあります。ファイルを表示したり、複数のファイルを連結(結合)したり、テキストをエコーし​​たり、新しいファイルを作成したりすることができます。

ファイルの表示

catコマンドの最も一般的な使用法は、ファイルの内容を出力することです。以下はあなたが試すことができる例です。

echo "Dance, Dance" > cat_create #create a file cat cat_create

この簡単な例では、echoとリダイレクトの組み合わせを使用して、「Dance、Dance」を含むファイルを作成しています。次に、catコマンドを使用して内容を表示します。

出力は次のとおりです。

(Con)cat

前の例は、実際には、表示用にファイルを連結するというcatコマンドのメイン関数の特定のケースです。同じ方法でコマンドを使用し、2つ以上のファイルを指定すると、ファイルの連結が出力されます。

次のコマンドを実行すると、次のようになります。

echo "This is how we do it" > test1 #create 1st file echo "*This is how we do it*" > test2 #create 2nd file cat test1 test2 

出力は、1番目のファイルの内容であり、その後に2番目のファイルの内容が続きます。catに多くのファイルを与えることができ、それらすべてを連結(結合)します。ただし、catコマンドは出力間に改行を自動的に挿入することに注意してください。

catまた、印刷されない文字を表示する(-v)、行に番号を付ける(-n)などの操作を行うためのスイッチもいくつか用意されています。完全な内訳は、マニュアルページにあります。

エコー

これはあまり一般的ではありませんcatが、次のセクションの基礎になります。あなたが実行している場合はcatコマンドなしでコマンドをcat対話モードで実行し、コマンドを終了するまで、あなたが入力する何かをエコーします。

この例では、1行に1つの単語を入力しました。Enterキーを押すたびに、線がエコーされました。

テキストをcatにパイプすることもできます。その場合、そのテキストはエコーされます。例えば:

echo "Piping fun" | cat 

これにより、次の出力が得られます。

ファイルの作成

前の例ではecho、ファイルにリダイレクトされたコマンドを使用して新しいファイルを作成しました。猫も同様に使用できます。実際、catの連結およびエコー機能を使用してファイルを作成できます。

次のように、複数のファイルを連結したファイルを作成できます。

echo "File 1 Contents" > file1 echo "File 2 Contents" > file2 echo "File 3 Contents" > file3 cat file1 file2 file3 > combined_file cat combined_file

上記の例では、を使用して3つのファイルを作成しecho、を使用して3つのファイルを1つに結合し、を使用しcatて新しい結合ファイルを表示していますcat

catのインタラクティブモードを使用して、端末に入力したテキストを含むファイルを作成することもできます。

Enterキーを押すたびに、テキストがファイルにコミットされます。コミットされていないテキストがあり、終了した場合、そのテキストはファイルにキャプチャされません。

これは、ファイルの内容を入力する機能を備えたファイルをすばやく作成するための素晴らしい方法です。

代わりにタッチを使用してファイルを作成する

ファイルが存在する必要がある場合もあります。を使用catしてファイルを作成する代わりに、touchコマンドを使用できます。

The touch command was designed to update the modified timestamp of a file, but is commonly used as a quick way to create an empty file. Here is an example of that usage:

touch new_file_name

The touch command can create multiple files, update the modification and/or creation timestamps, and a bunch of other useful things. The full man pages can be found here.

Touch is commonly used to ensure that a file exists, and is a great command if you need an empty file quickly.

Summary

Cat is a very useful command.  You can use it to create, display, and combine text files very quickly and easily.  

If you only need a file to exist, but don't mind (or require) it being empty, using touch is a great alternative.

Hughie Coles is a lead developer at Index Exchange. He writes about software architecture, scaling, leadership, and culture.  For more of his writing, check out his blog on medium.