CentOSの使用を開始する方法

CentOSバージョンはここからダウンロードできます

CentOSまたはCommunityEnterprise OSは、RHELまたはRed Hat EnterpriseLinuxに基づくオープンソースディストリビューションです。これは、サポートパッケージを購入した場合にのみ利用できます。さらに、すべてのRHELパッケージはCentOSと完全に互換性があり、堅牢で安定した管理しやすいプラットフォームを提供し、最高レベルの運用セキュリティを無料で保証します。

CentOSは、そのままRHELとバイナリ互換であり、サーバーのインストールに適したプラットフォームです。CentOSの最も価値のある部分の1つは、長いサポートサイクルです。たとえば、Fedoraのリリースサポートサイクルは最大13か月続きますが、CentOSリリースは最大7年間のサポートを提供します。それはそれを非常に信頼できて信頼できるものにします。

さらに、CentOSコミュニティプロジェクトは、Google、AmazonAWSなどのさまざまなプラットフォームで可用性を拡大しています。また、一般的なcloud-init対応イメージでも利用できます。

CentOSの詳細については、こちらのCentOSプロジェクトにアクセスしてください。

バージョン

CentOS7のインストールと基本的なセットアップを行うための詳細な手順を見ていきましょう。

  1. 最新のCentOS.ISOをダウンロードする
  2. 上記のリンクまたは公式のCentOSダウンロードページを使用してCentOSの最新バージョンをダウンロードした後、DVDに書き込むか、Unetbootinと呼ばれるLiveUSBCreatorを使用して起動可能なUSBスティックを作成します。
  3. インストーラーのブータブルメディアを作成したら、DVD / USBをシステムの適切なドライブに配置し、コンピューターを起動してブータブルユニットを選択すると、最初のCentOS7プロンプトが表示されます。プロンプトで[CentOS7のインストール]を選択し、[Enter]キーを押します。

4.システムがメディアインストーラーのロードを開始し、ようこそ画面が表示されます。インストール手順全体を支援するインストールプロセス言語を選択し、[続行]をクリックします。

5.次のステップでは、現在の画面プロンプトは「インストールの概要」です。システムを完全にカスタマイズするための多くのオプションが含まれています。最初に設定したいのは時間設定です。[日付と時刻]をクリックし、提供されたマップからサーバーの物理的な場所を選択し、上部の[完了]ボタンを押してその構成を適用します。

6.次に、言語サポートとキーボード設定を選択します。システムのメイン言語と追加言語を選択し、終了したら[完了]をクリックします。

7.同様に、プラスボタンを押してキーボードレイアウトを選択し、正しい入力フィールドを使用してキーボード構成をテストします。キーボードの設定が完了したら、任意のキーの組み合わせを使用してキーボードを切り替えることができます。私の場合、Alt + Ctrlを使用しています。目的のキーの組み合わせを選択したら、もう一度[完了]を押して変更を適用し、[インストールの概要]のメイン画面に戻ります。

8.これで、英語を使用したくない場合にLANGUAGESUPPORTを追加できます。「言語サポート」をクリックしてダイアログを開きます。

9.デフォルトでは、CentOSには英語がプリインストールされていますが、言語を簡単に追加できます。私の場合、追加言語としてDeutsch(Deutschland)を使用してDeutschGermanを追加しています。選択したら[完了]を押します。

10.次のステップでは、HTTP、HTTPS、FTP、またはNFSプロトコルを使用するネットワークの場所など、ローカルDVD / USBメディア以外のインストールソースを使用してインストールをカスタマイズできます。リポジトリを追加することもできますが、この方法は、自分が何をしているかがわかっている場合にのみ使用してください。したがって、デフォルトの自動検出されたインストールメディアをそのままにして、[完了]をクリックして続行します。

11.次に、システムインストールソフトウェアを選択できます。このステップでは、CentOSは、選択可能な多くのサーバーおよびデスクトッププラットフォーム環境を提供します。ただし、高度なカスタマイズが必要な場合、特にCentOS 7を使用してサーバープラットフォームとして実行する場合は、互換性ライブラリをアドオンとして使用した最小限のインストールをお勧めします。これにより、最小限の基本的なシステムソフトウェアがインストールされ、後で必要に応じて他のパッケージを追加できます。

12.次に、ハードドライブをパーティション分割します。[インストール先]メニューをクリックし、ディスクを選択して、必要なディスクを選択します。パーティショニングを設定します。選択するパーティションについて詳しくは、こちらをご覧ください。

13.次の画面で、パーティションレイアウトとしてLVM(Logical Volume Manager)を選択し、ここをクリックして自動的に作成します。このオプションは、XFSファイルシステムを使用して3つのシステムパーティションを作成し、ハードディスクスペースを自動的に再配布し、すべてのLVSを「centos」という名前の1つの大きなボリュームグループに収集します。11.11。

  • / boot —非LVM
  • /(ルート)— LVM
  • スワップ— LVM

14.インストーラーによって自動的に作成されたデフォルトのパーティションレイアウトに満足できない場合は、パーティションスキームを完全に追加、変更、またはサイズ変更できます。終了したら、[完了]ボタンを押し、[変更の概要]プロンプトで[変更を受け入れる]をクリックします。

注:サイズが2TBを超えるハードディスクを使用しているユーザーの場合、インストーラーは自動的にパーティションテーブルをGPTに変換します。ただし、2TB未満のディスクでGPTテーブルを使用する場合は、デフォルトの動作を変更するために、インストーラーのブートコマンドラインに引数inst.gptを使用する必要があります。

15.次のステップは、システムのホスト名を設定し、ネットワークを有効にすることです。[ネットワークとホスト名]ラベルをクリックし、[ホスト名]フィールドにシステムFQDN(完全修飾ドメイン名)を入力してから、ネットワークインターフェイスを有効にし、上部のイーサネットボタンをオンに切り替えます。ネットワーク上に機能するDHCPサーバーがある場合、有効なNICのすべてのネットワーク設定が自動的に構成されます。これはアクティブなインターフェイスの下に表示されます。

16.システムがサーバーの場合は、[構成]ボタンをクリックし、以下のスクリーンショットのようにすべての静的インターフェイス設定を追加して、イーサネットNICに静的ネットワーク構成を設定することをお勧めします。終了したら、[保存]をクリックし、ボタンをオフとオンに切り替えてイーサネットカードを無効にして有効にし、[完了]をクリックして設定を適用し、メインメニューに戻ります。

さもないと:

17.静的IP環境に従って、アドレス、ネットマスク、およびゲートウェイのエントリを追加します。私の場合、アドレス192.168.1.100、ネットマスク255.255.255.0、ゲートウェイ192.168.1.1、DNSサーバー8.8.8.88.8.4.4を使用しています。これらの値は、ネットワーク環境によって異なる場合があります。その後、[保存]を押します。

重要:IPv6インターネット接続がない場合は、[IPv6]タブでIPv6を自動から無視するように設定します。そうしないと、CentOSが正しいIPv4セットアップを無視し、代わりにIPv6を使用するため、IPv4でこのサーバーからインターネットにアクセスできなくなります。

18.次に、下のスクリーンショットに示すように、接続をオンにする必要があります。その後、[完了]を押します。

19.次に、[インストールの開始]を選択し、rootアカウントに強力なパスワードを設定して、インストールプロセスを開始します。

20.インストールプロセスが開始され、次のウィンドウに小さな青いプログレスバーが表示されます。次に、ROOTパスワードを設定し、USERCREATIONオプションに新しい非rootユーザーを追加する必要があります。まずrootパスワードを探します。

21.選択した安全なパスワードを入力し、[完了]を押します。

22.次に、ユーザー作成に進みます。

23.次に、ユーザーを作成します。私の場合、フルネーム「Administrator」とユーザー名「administrator」を使用しました。[このアカウントを使用するにはパスワードを要求する]オプションをオンにして、[完了]を押します。もちろん、選択に応じて任意の値を使用できます。

24. [完了]を押します。しばらくお待ちください。セットアップが完了するのを待ちます。

25.インストールが完了すると、サーバーを再起動するように求められます。[構成の完了]を押すだけです。

26.サーバーが再起動し、その後ユーザー名とパスワードを要求します。

おめでとう!これで、最新バージョンのCentOSが新しいマシンにインストールされました。インストールメディアをすべて削除し、コンピューターを再起動して、新しい最小限のCentOS 7環境にログインし、システムの更新や日常のタスクの実行に必要なその他の便利なソフトウェアのインストールなど、その他のシステムタスクを実行できるようにします。

これで、上記で作成したユーザーでログインする準備ができました。または、ルート資格情報を使用できます。

CentOSに最初にログインします。rootユーザーとしてサーバーにログインし、最終的なインストール手順を実行できるようにします。

1つ目は、利用可能なすべての更新をyumでインストールすることです。

「y」で確認して、アップデートのインストールを続行します。シェルで構成ファイルを編集できるように、2つのコマンドラインエディターをインストールします。

ネットワーク設定

CentOS 7.2minimalにはifconfigコマンドがプリインストールされていないため、次のようにインストールします。

ネットワーク構成ファイルを変更または表示する場合は、ファイルを編集するだけです。

静的IPアドレスを構成すると、次のようになります。

必要に応じて値を変更します。

注:上記のデバイス名は異なる場合があるため、ディレクトリ/ etc / sysconfig / network-scriptsにある同等のファイルを確認してください。

/ etc / hostsを調整します

ファイル/ etc / hostsを次のように調整します。

次のような値を作成します。

おめでとう!これで、基本的な最小限のCentOS7サーバーのセットアップが完了しました。

代わりにGUIを使用することをお勧めします。ここでは、さまざまなフレーバーから選択できます。

GNOME-Desktopのインストール:

次のように入力して、GNOMEデスクトップ環境をインストールします。

GUIを開始するには、インストールの完了後に次のように入力します。

GNOMEShellの使用方法

CentOS 7のデフォルトのGNOMEデスクトップはクラシックモードで起動しますが、GNOME Shellを使用する場合は、次のように設定します。

オプションA:startxでGNOMEを起動する場合は、次のように設定します。

オプションB:システムのグラフィカルログインsystemctl set-default Graphical.targetを設定し、システムを再起動します。システム起動後:

  1. 「サインイン」ボタンの横にあるボタンをクリックします。
  2. リストから「GNOME」を選択します。(デフォルトはGNOMEクラシックです)
  3. 「サインイン」をクリックして、GNOMEShellでログインします。

GNOMEシェルは次のように始まります:

KDE-Desktopのインストール:

次のように入力して、KDEデスクトップ環境をインストールします

インストールが完了したら、次のようなコマンドを入力します。

KDEデスクトップ環境は次のように始まります:

MATEデスクトップ環境のインストール:

次のように入力して、MATEデスクトップ環境をインストールします。

インストールが完了したら、次のようなコマンドを入力します。

MATEデスクトップ環境が起動します:

Xfceデスクトップ環境のインストール:

次のように入力して、Xfceデスクトップ環境をインストールします。

インストールが完了したら、次のようなコマンドを入力します。

Xfceデスクトップ環境は次のように始まります:

それを行う他の方法:

startxコマンドの.xinitrcファイルへのハッキングを利用するよりも、ターミナルではなくグラフィカルGUIで起動することをSystemdに伝える方がおそらく良いでしょう。

これを実現するには、次のようにします。

次に、単に再起動します。

最後のビットは、Systemdに関するデフォルトとしてランレベル5ターゲットを関連付けます。

Systemdでそれを行う

Systemdを使用してこれを実現することもできます。SystemdとそのCLIを介してシステムの状態を直接管理しているため、これは間違いなくより良い方法です。

現在のデフォルトのターゲットが何であるかを確認できます。

そして、それをグラフィカルに変更します。

ターゲット

Systemdでは、ターゲットrunlevel5.targetとgraphical.targetは同じです。runlevel2.targetとmulti-user.targetも同様です。

RHEL / CentOS Linuxインストールコア開発ツールAutomake、Gcc(C / C ++)、Perl、Python、デバッガー

Q.シェルプロンプトからCentOS、RHEL、またはFedora Linuxをインストールした後、GNU GCC C / C ++コンパイラ、makeなどのすべての開発者ツールをインストールするにはどうすればよいですか?

RHEL / CentOS / Fedora / Scientific / Red Hat EnterpriseLinuxに「開発ツール」グループをインストールする必要があります。これらのツールには、automake、gcc、perl、python、デバッガーなど、ソフトウェアのコンパイルと新しいrpmの構築に必要なコア開発ツールが含まれます。

  1. フレックス
  2. gcc c / c ++コンパイラ
  3. redhat-rpm-config
  4. strace
  5. rpmビルド
  6. 作る
  7. pkgconfig
  8. gettext
  9. オートメイク
  10. strace64
  11. gdb
  12. バイソン
  13. libtool
  14. autoconf
  15. gcc-c ++コンパイラ
  16. binutilsとすべての依存関係。

インストール:

ターミナルを開くか、sshセッションを介してログインし、rootユーザーとして次のコマンドを入力します。

次の出力例:

これで、システム上の任意のアプリケーションをコンパイルして使用できます。

インストールの検証

Gnu gcc / c / c ++コンパイラのバージョンタイプを表示するには:

サンプル出力:

Fedora / RHEL / CentOS Linuxサーバーで現在実行中のすべてのサービスを一覧表示するにはどうすればよいですか?

Fedora / RHEL / CentOS Linuxシステムで実行中のすべてのサービスを検索して一覧表示するには、さまざまな方法とツールがあります。

CentOS / RHEL 6.x以前(systemd以前)の構文は次のとおりです。

サービスのステータスを出力します。Apache(httpd)サービスのステータスを出力するには:

(SysVを介して構成された)すべての既知のサービスを一覧表示します。

サービスとその開いているポートを一覧表示します。

サービスのオン/オフ:

ntsysvは、chkconfigを介して構成可能なランレベルサービスを構成するためのシンプルなインターフェイスです。デフォルトでは、現在のランレベルを構成します。ntsysvと入力し、実行するサービスを選択するだけです。

systemdを使用したRHEL / CentOS7.xに関するメモ

Fedora Linux v22 / 23/24やRHEL / CentOS Linux 7.x +などのsystemdベースのディストリビューションを使用している場合は、次のコマンドを試して、systemctlコマンドを使用して実行中のサービスを一覧表示します。systemdシステムとサービスマネージャーを制御します。

CentOS / RHEL 7.x +でsystemdサービスを一覧表示するには、以下を使用します。

構文は次のとおりです。

すべてのサービスを一覧表示するには:

サンプル出力:

上の画像は、CentOS / RHEL 7systemdベースのシステムにインストールされているすべてのユニットとその現在の状態を示しています。

特定のサービス(cgroup)に関連付けられているプロセスを表示するには、systemd-cgtopコマンドを使用できます。topコマンドと同様に、systemd-cgtopは、サービスに基づいて実行中のプロセスを一覧表示します。

サンプル出力:

CentOS / RHEL 7.x +でのみSysVサービスを一覧表示するには(ネイティブのsystemdサービスは含まれません):

サンプル出力:

ファイアウォールの方法:

ファイアウォールの設定方法については、こちらをご覧ください。

参考文献

  • CentOSドキュメント
  • CentOSリリースノート
  • CentOS 7 / RHEL7にGnomeGUIをインストールします
  • SYSTEMDターゲットの操作

ドキュメントCentOSのガイド方法

CentOSバージョン7

CentOS 7は、RedHatの詳細なドキュメントに完全に基づいています。例とシステム管理ガイドはここにあります:CentOS7の完全なドキュメント

KrasimirVatchinskyによってアーカイブスタックオーバーフロードキュメントで最初に公開された—RIPチュートリアル