最高のHTMLおよびHTML5チュートリアル

ハイパーテキストマークアップ言語(HTML)は、オンラインドキュメントの作成に使用されるマークアップ言語であり、今日のほとんどのWebサイトの基盤となっています。HTMLのようなマークアップ言語を使用すると、

  • 他のドキュメントへのリンクを作成し、
  • ドキュメントのコンテンツを構成し、
  • 私たちの文書の内容に文脈と意味を帰する。

HTMLドキュメントには2つの側面があります。構造化された情報(マークアップ)、および他のドキュメントへのテキストリンク(ハイパーテキスト)が含まれています。HTML要素を使用してページを構成します。これらは、ブラウザのドキュメントに構造と意味を提供する言語の構成要素であり、要素はインターネット上の他のドキュメントにリンクしています。

インターネットは元々、静的な(変更されていない)ドキュメントを保存および表示するために作成されました。上で説明したHTMLの側面は、すべてのデザインとスタイルが欠けているこれらのドキュメントで完全に見られました。彼らは、他の文書へのリンクを含む構造化された情報を提示しました。

HTML5は、HTMLの最新バージョンまたは仕様です。World Wide Web Consortium(W3C)は、HTMLの標準を含むWorld WideWebの標準の開発を担当する組織です。WebページとWebアプリケーションがより複雑になるにつれて、W3CはHTMLの標準を更新します。

HTML5では、多数のセマンティック要素が導入されています。HTMLがドキュメントに意味を与えるのにどのように役立つかについて説明しましたが、HTML5がセマンティック要素を導入するまで、その可能性は実現しませんでした。

HTMLドキュメントの簡単な例

   Page Title   

My First Heading

My first paragraph.

!DOCTYPE html:このドキュメントをHTML5として定義します

html:HTMLページのルート要素

head:要素にはドキュメントに関するメタ情報が含まれています

title:要素はドキュメントのタイトルを指定します

本文:要素には表示されているページコンテンツが含まれています

h1:要素は大きな見出しを定義します

p:要素は段落を定義します

HTMLおよびHTML5から始めるためのチュートリアル

HTMLの学習を開始するのに最適な場所は、freeCodeCampの2時間のHTMLチュートリアルの紹介です。

次に、もっと冒険したい場合は、HTML、HTML5、CSSを詳細にカバーする12時間のコース全体があります。

ページ構造

でページを作成するには、でペ​​ージHTMLを構成する方法を知っている必要がありますHTML。基本的に、ページの構造は次の順序に従います。

   Title of the Page     

1-ステートメントは常にHTMLページに最初に表示される必要があり、使用されている言語のバージョンをブラウザに通知します。この場合、を使用していHTML5ます。

2-およびタグは、HTMLコードの開始位置と終了位置をWebブラウザーに通知します。

3- andタグには、Webサイトに関する情報が含まれています。たとえば、スタイル、メタタグ、スクリプトなどです。

4-およびタグは、ページタイトルが何であるかをブラウザに通知します。タイトルは、インターネットブラウザのタブを識別することで確認できます。これらのタグの間に定義されているテキストは、検索エンジンが検索結果にページを表示するときにタイトルとして使用されるテキストでもあります。

5-タグの間にページコンテンツが配置されます。これはブラウザに表示されるものです。

HTML5の変更

セマンティックタグの導入

他のすべてのコンテナに使用する代わりに、などのいくつかのセマンティック(これらのタグは視覚障害者が使用するスクリーンリーダーを支援します)タグがあります。したがって、ジェネリックの代わりにこれらのタグを使用することをお勧めします

HTML要素

要素は、Webページの構造とコンテンツを記述するHTMLの構成要素です。これらは、ハイパーテキストマークアップ言語(HTML)の「マークアップ」部分です。

HTML構文では、山かっこ( "")を使用してHTML要素の名前を保持します。要素には通常、開始タグと終了タグがあり、要素に含まれるコンテンツに関する情報を提供します。2つの違いは、終了タグにスラッシュがあることです。

これはp要素を使用した例です(

This is a paragraph.

Opening and closing tags should match, otherwise the browser may display content in an unexpected way.

Original text


XKCD comic showing the text

Self-closing Elements

Some HTML elements are self-closing, meaning they don’t have a separate closing tag. Self-closing elements typically insert something into your document.

An example is the br element (

), which inserts a line break in text. Formerly, self-closing tags had the forward slash inside them (

HTML Element Functionality

There are many available HTML elements. Here’s a list of some of the functions they perform:

  • give information about the web page itself (the metadata)
  • structure the content of the page into sections
  • embed images, videos, audio clips, or other multimedia
  • create lists, tables, and forms
  • give more information about certain text content
  • link to stylesheets which have rules about how the browser should display the page
  • add scripts to make a page more interactive and dynamic

Nesting HTML Elements

You can nest elements within other elements in an HTML document. This helps define the structure of the page. Just make sure the tags close from the inside-most element first.

Correct:

This is a paragraph that contains a span element.

Incorrect:

This is a paragraph that contains a span element.

Block-level and Inline Elements

Elements come in two general categories, known as block-level and inline. Block-level elements automatically start on a new line while inline elements sit within surrounding content.

Elements that help structure the page into sections, such as a navigation bar, headings, and paragraphs, are typically block-level elements. Elements that insert or give more information about content are generally inline, such as links or images.

The HTML Element

There’s an element that’s used to contain the other markup for an HTML document. It’s also known as the “root” element because it’s the parent of the other HTML elements and the content of a page.

Here’s an example of a page with a head element, a body element, and one paragraph:

I'm a paragraph

The HEAD Element

This is the container for processing information and metadata for an HTML document.

The BODY Element

This is a container for the displayable content of an HTML document.

...

The P Element

Creates a paragraph, perhaps the most common block level element.

...

The A(Link) Element

Creates a hyperlink to direct visitors to another page or resource.

...

Images in HTML

You can define images by using the tag. It does not have a closing tag since it can contain only attributes. To insert an image you define the source and an alternative text which is displayed when the image can not be rendered.

src - This attribute provides the url to the image present either on your P.C./Laptop or to be included from some other website. Remember the link provided should not be broken otherwise the image will not be produced on your webpage.

alt - This attribute is used to overcome the problem of broken image or incapability of your browser to produce image on webpage. This attribute, as the name suggests, provides an “Alternative” to an image which is some ‘TEXT’ describing the image.

Example

To define height and width of an image you can use the height and width attribute:

You can also define border thickness (0 means no border):

Align an image:

You are also able to use styles within a style attribute:

How to use links in HTML

In HTML you can use the tag to create a link. For example you can write freeCodeCamp to create a link to freeCodeCamp’s website.

Links are found in nearly all web pages. Links allow users to click their way from page to page.

HTML links are hyperlinks. You can click on a link and jump to another document.

When you move the mouse over a link, the mouse arrow will turn into a little hand.

Note: A link does not have to be text. It can be an image or any other HTML element.

In HTML, links are defined with the tag:

link text

Example

Visit our site for tutorials

The href attribute specifies the destination address (//www.freecodecamp.org) of the link.

The link text is the visible part (Visit our site for tutorials).

Clicking on the link text will send you to the specified address.

How to Use Lists in HTML

Lists are used to specify a set of consecutive items or related information in a well formed and semantic way, such as a list of ingredients or a list of procedural steps.

HTML markup has three different types of lists - ordered, unordered and description lists.

Ordered Lists

An ordered list is used to group a set of related items, in a specific order. This list is created with

    tag. Each list item is surrounded with
  1. tag.

    Code
    1. Mix ingredients
    2. Bake in oven for an hour
    3. Allow to stand for ten minutes
    Example
    1. Mix ingredients
    2. Bake in oven for an hour
    3. Allow to stand for ten minutes

    Unordered Lists

    An unordered list is used to group a set of related items, in no particular order. This list is created with

      tag. Each list item is surrounded with
    • tag.

      Code
      • Chocolate Cake
      • Black Forest Cake
      • Pineapple Cake

      Example

      • Chocolate Cake
      • Black Forest Cake
      • Pineapple Cake

      Description Lists

      A description list is used to specify a list of terms and their descriptions. This list is created with

      tag. Each list item is surrounded with
      tag.

      Code
      Bread
      A baked food made of flour.
      Coffee
      A drink made from roasted coffee beans.
      Output

      Bread A baked food made of flour. Coffee A drink made from roasted coffee beans.

      Styling List

      You can also control the style of the list. You can use list-style property of lists. Your list can be bullets, squares, in Roman numerals, or can be images if you want.

      list-style property is shorthand for list-style-type, list-style-position, list-style-image.