あなたのウェブサイトを7行のJSONでモバイルアプリに変える方法

Webエンジンをネイティブアプリにブレンドするための新しいアプローチ

私はあなたに告げた場合はオレンジ色に着色し、上記のJSONの7行を使用すると、モバイルアプリにウェブサイトを回すために必要なすべてのですか?モバイルアプリのように動作させるためだけに、フレームワークAPIを使用してWebサイトを書き直す必要はありません。既存のウェブサイトをそのまま持ってきて、シンプルなURL参照を使用してネイティブアプリにブレンドするだけです。

そして、JSONマークアップを少し調整するだけで、すべてのネイティブAPI、ネイティブUIコンポーネント、およびネイティブビューの遷移にすぐにアクセスできるとしたらどうでしょうか。

最小限の例が実際にどのように見えるかを次に示します。

github.com Webページをどのように埋め込んだかに注目してください。ただし、残りのレイアウトは、ナビゲーションヘッダーや下部のタブバーなど、すべてネイティブUIコンポーネントです。また、APIを使用してウェブサイトを書き直すことなく、移行は自動的にネイティブになります。

方法を説明する前に、「それはすばらしいことですが、ネイティブアプリフレームにWebページを表示する以外に何か意味のあることはできますか?」と質問するかもしれません。

それがこの投稿のメイントピックなので、すばらしい質問です。Webビューとアプリの間にシームレスな双方向通信チャネルを作成するだけで、親アプリはWebビュー内のJavaScript関数をトリガーでき、Webビューは外部に到達してネイティブAPIを呼び出すことができます。

そのような例の1つを次に示します。

このビューには次のものが含まれていることに注意してください。

  1. 組み込みの遷移機能を備えたネイティブナビゲーションヘッダー
  2. A Web view, which embeds a QR code generator web app
  3. A native chat input component at the bottom

All this can be described by just tweaking some of the JSON markup attributes we saw above.

Finally, note that the QR code changes as you enter something from the chat input. The chat input triggers a JavaScript function inside the QR code web app that re-generates the image.

No app development framework has tried to fundamentally solve this problem of “seamless integration of web view into native apps” because they’re all focused on picking either 100% native or 100% HTML5 side.

Whenever you hear someone talk about the future of mobile apps, you would probably hear them talk about “Will it be the HTML5 approach that wins out? Or will it be native?”

None of them see native and html as something that could co-exist and furthermore, create synergy and achieve things that are not easily possible otherwise.

In this article I’m going to explain:

  • Why blending web engine and native components is often a good idea.
  • Why a seamless integration of HTML and Native is not easy, and how I implemented one.
  • Most importantly, how YOU can use it to build your own app instantly.

Why would you use HTML in a native app?

Before we go further, let’s first discuss whether this is even a good idea, and when you may want to take this approach. Here are some potential use cases:

1. Use Web Native Features

Some parts of your app may be better implemented using the web engine. For example, Websocket is a web-native feature that’s designed for the web environment. In this case it makes sense to use the built-in web engine (WKWebView for iOS and WebView for Android) instead of installing a 3rd party library that essentially “emulates” Websocket.

No need to install additional code just to do something that you can do for free, which brings us to the next point.

2. Avoid Large Binary Size

You may want to quickly incorporate features that will otherwise require a huge 3rd party library.

Original text


For example, to incorporate a QR code image generator natively, you will need to install some 3rd party library which will increase the binary size. But if you use the web view engine and a JavaScript library through a simple