Gitの紹介:それは何であり、どのように使用するか

Gitはオープンソースの分散バージョン管理システムです。これで、Gitを定義するための言葉がたくさんあります。

それを分解して、言葉遣いを説明しましょう:

  • 制御システム:これは基本的に、Gitがコンテンツトラッカーであることを意味します。そのため、Gitはコンテンツの保存に使用できます。Gitが提供する他の機能により、主にコードの保存に使用されます。
  • バージョン管理システム:Gitに保存されているコードは、コードが追加されるにつれて変化し続けます。また、多くの開発者はコードを並行して追加できます。したがって、バージョン管理システムは、発生した変更の履歴を維持することにより、これを処理するのに役立ちます。また、Gitはブランチやマージなどの機能を提供しますが、これについては後で説明します。
  • 分散バージョン管理システム:Gitには、サーバーに保存されるリモートリポジトリと、各開発者のコ​​ンピューターに保存されるローカルリポジトリがあります。これは、コードが中央サーバーに保存されるだけでなく、コードの完全なコピーがすべての開発者のコ​​ンピューターに存在することを意味します。コードはすべての開発者のコ​​ンピューターに存在するため、Gitは分散バージョン管理システムです。リモートリポジトリとローカルリポジトリの概念については、この記事の後半で説明します。

Gitのようなバージョン管理システムが必要な理由

通常、実際のプロジェクトでは、複数の開発者が並行して作業します。したがって、開発者間でコードの競合が発生しないようにするには、Gitのようなバージョン管理システムが必要です。

さらに、そのようなプロジェクトの要件は頻繁に変更されます。したがって、バージョン管理システムを使用すると、開発者はコードの古いバージョンに戻って戻ることができます。

最後に、並行して実行されている複数のプロジェクトに同じコードベースが含まれる場合があります。このような場合、Gitでの分岐の概念は非常に重要です。

今すぐGitの使用を始めましょう

すべての概念を一度に説明するのではなく、Gitの概念を例を通して説明し、わかりやすくします。

gitをダウンロード

このリンクには、複数のオペレーティングシステムにGitをインストールする方法の詳細があります。

//git-scm.com/book/en/v2/Getting-Started-Installing-Git

コマンドプロンプトで次のコマンドを使用して、Gitがインストールされているかどうかを確認します。

git --version

ローカルのGitリポジトリを作成する

コンピューターに、プロジェクト用のフォルダーを作成します。プロジェクトフォルダを呼び出しましょうsimple-git-demo

プロジェクトフォルダーに移動し、次のコマンドを使用してローカルGitリポジトリをプロジェクトに追加します。

cd simple-git-demo git init

このgit initコマンドは、ローカルのGitリポジトリをプロジェクトに追加します。

今すぐ小さなコードを追加しましょう

demo.txtプロジェクトフォルダにというファイルを作成し、その中に次のテキストを追加します。

Initial Content

この記事の主な焦点はGitであり、特定のプログラミング言語ではないため、ここでは実際のコードではなくプレーンテキストのみを使用してデモを行います。

コードのステージングとコミット

コミットとは、コードがローカルリポジトリに追加されるプロセスです。コードをコミットする前に、ステージング領域にある必要があります。ステージング領域は、コミットされるすべてのファイルを追跡するためにあります。

ステージング領域に追加されていないファイルはコミットされません。これにより、開発者はどのファイルをコミットする必要があるかを制御できます。

演出

ファイルをステージングするには、次のコマンドを使用します。

git add demo.txt

複数のファイルを追加したい場合は、以下を使用できます。

git add file1 file2 file3

プロジェクトフォルダ内のすべてのファイルをステージング領域に追加する場合は、次のコマンドを使用します。

git add .

プロジェクト内のすべてのファイルとフォルダーがステージング領域に追加されるため、これは慎重に使用してください。

コミット

次のコマンドを使用してファイルをコミットします。

git commit -m "Initial Commit"

「初期コミット」は、ここでのコミットメッセージです。関連するコミットメッセージを入力して、その特定のコミットで行われたコード変更を示します。

GitステータスとGitログ

次に、 demo.txtファイルを作成し、次のスニペットを追加します。

Initial Content Adding more Content

状態

git status変更されたファイルとステージング領域にあるファイルに関する情報を見つけるために使用します。他の情報も表示されますが、現時点では無視できます。

次のコマンドを使用して、ステータスを確認します。

git status

ステータスは、demo.txtが変更されており、まだステージング領域にないことを示しています。

次にdemo.txt、ステージング領域に追加し、次のコマンドを使用してコミットします。

git add demo.txt git commit -m "demo.txt file is modified"

ログ

git logこれまでに行われたすべてのコミットを印刷するために使用します。

これに使用されるコマンドは次のとおりです。

git log

ログには、各コミットの作成者、コミットの日付、およびコミットメッセージが表示されます。

ブランチ

これまで、Gitにブランチを作成していません。デフォルトでは、Gitコミットはマスターブランチに入ります。

ブランチとは何ですか?

ブランチは、Gitリポジトリ内の最新のコミットへのポインターに他なりません。したがって、現在、マスターブランチは2番目のコミットへのポインター“demo.txt file is modified”です。

複数のブランチが必要なのはなぜですか?

複数の並列開発をサポートするには、複数のブランチが必要です。下の画像を参照して、ブランチがどのように機能するかを確認してください。

当初、コミット1とコミット2はマスターブランチで実行されていました。コミット2の後、「テスト」と呼ばれる新しいブランチが作成され、コミット3とコミット4がテストブランチに追加されます。

同時に、異なるコミット3とコミット4がマスターブランチに追加されます。ここでは、コミット2の後、2つの並行開発が2つの別々のブランチで行われていることがわかります。

テストブランチとマスターブランチはここで分岐しており、コードが異なります。テストブランチのコードは、を使用してマスターブランチとマージできますgit merge。これについては後で説明します。

ローカルに新しいブランチを作成する

次のコマンドを使用して、testという新しいブランチを作成します。

git branch test

このコマンドはtestブランチを作成します。

私たちはまだマスターブランチのコンテキストにいます。test ブランチに切り替えるため。次のコマンドを使用します。

git checkout test

今、私たちはtestブランチにいます。

次のコマンドを使用して、ローカルのすべてのブランチを一覧表示できます。

git branch

新しいブランチでいくつかのコミットを行う

demo.txt次のスニペットを追加して変更します。

Initial Content Adding more Content Adding some Content from test Branch

次に、次のコマンドを使用してステージングとコミットを行います。

git add demo.txt git commit -m "Test Branch Commit"

このコミットはテストブランチで実行されましたが、テストブランチにはマスターブランチからの2つのコミットも含まれているため、テストブランチはマスターブランチより1コミット進んでいます。

次を使用して、テストブランチでコミット履歴を確認できます。

git log

マージ

現在、テストブランチはマスターより1コミット進んでいます。ここで、テストブランチのすべてのコードをマスターブランチに戻す必要があるとします。これはgit merge非常に便利な場所です。

テストブランチのコードをマスターブランチにマージするには、次の手順に従います。

最初にマスターブランチに戻ります。

git checkout master

次に、merge次のコマンドを実行します。

git merge test

これらの2つのコマンドを実行すると、マージは成功するはずです。この例では、競合はありません。

しかし、実際のプロジェクトでは、マージが行われているときに競合が発生します。競合の解決は経験に伴うものであるため、Gitをさらに活用することで、競合を解決するコツをつかむことができます。

実行 git logこれで、マスターにも3つのコミットがあることがわかります。

リモートGitリポジトリ

これまでは、ローカルリポジトリでのみ作業してきました。各開発者はローカルリポジトリで作業しますが、最終的にはコードをリモートリポジトリにプッシュします。コードがリモートリポジトリに配置されると、他の開発者はそのコードを表示および変更できます。

GitHub

ここでは、リモートリポジトリにGitHubを使用します。

//github.com/にアクセスして、アカウントを作成します。

GitHubホームページに登録した後、[プロジェクトの開始]をクリックして新しいGitリポジトリを作成します。リポジトリに名前を付けて、「リポジトリの作成」をクリックします

として名前を付けgit-blog-demoます。

これにより、GitHubにリモートリポジトリが作成され、リポジトリを開くと、次の画像のようなページが開きます。

リポジトリのURLは強調表示された部分です //github.com/aditya-sridhar/git-blog-demo.git

ローカルリポジトリをリモートリポジトリにポイントするには、次のコマンドを使用します。

git remote add origin [repository url]

Gitプッシュ

すべてのコードをローカルリポジトリからリモートリポジトリにプッシュするには、次のコマンドを使用します。

git push -u origin master

これにより、コードがローカルリポジトリのマスターブランチからリモートリポジトリのマスターブランチにプッシュされます。

追加コマンド

Gitプル

git pullリモートリポジトリからローカルリポジトリに最新の変更をプルするために使用されます。リモートリポジトリコードはさまざまな開発者によって継続的に更新されるため、次のことgit pull が必要です。

git pull origin master

Gitクローン

git clone既存のリモートリポジトリをコンピュータに複製するために使用されます。このためのコマンドは次のとおりです。

git clone [repository url]

おめでとうございます

これで、Gitの基本的な使用方法がわかったので、先に進んでさらに詳しく調べてください。

もう少し高度なGitの概念に関する記事をもう1つ公開する予定です。乞うご期待!

著者について

私はテクノロジーが大好きで、テクノロジーの進歩を追っています。また、テクノロジー分野での知識を他の人に提供するのも好きです。

LinkdInアカウント//www.linkedin.com/in/aditya1811/でお気軽にご連絡ください

Twitterで私をフォローすることもできます//twitter.com/adityasridhar18

私のウェブサイト://adityasridhar.com/

私による他の投稿

Gitを効率的に使用する方法