PostgreSQLの使用を開始する方法

PostgreSQLは、オープンソースのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)です。この記事では、PostgreSQLの使用を開始するための概要を説明します。これが私たちがカバーするものです:

  • インストール
  • 管理
  • 基本的なデータベース操作

インストール

システムにhomebrewがインストールされている場合は、ターミナルで以下のコマンドを実行して、PostgreSQLをすばやくインストールできます。

brew install postgresql

他の人はここからPostgreSQLの最新バージョンをダウンロードして、インストール手順に従うことができます。

ダウンロードしたら、PostgreSQLがインストールされていることを確認するには、次のコマンドを実行してPostgreSQLのバージョンを確認します。

postgres --version

管理

PostgreSQLはpsql、以下のコマンドを実行することにより、ユーティリティを使用してコマンドラインから管理できます。

psql postgres

これにより、psqlユーティリティが実行されます。psqlはPostgreSQLのコマンドラインツールです。PostgreSQLデータベースの管理に利用できるサードパーティのツールはたくさんありますが、他のツールをインストールする必要性はまだ感じていません。psqlはかなりきちんとしていて、問題なく動作します。

psqlインターフェースを終了するには、入力\qするだけで外出できます。

ヘルプが必要な場合\helpは、psqlターミナルに入力してください。これにより、利用可能なすべてのヘルプオプションが一覧表示されます。あなたは、入力することができ\help [Command Name]ますが、特定のコマンドのヘルプが必要な場合には、。たとえば、\help UPDATE内部から入力するpsqlと、更新オプションの構文が表示されます。

Description: update rows of a table[ WITH [ RECURSIVE ] with_query [, ...] ]UPDATE [ ONLY ] table_name [ * ] [ [ AS ] alias ] SET  column_name =  DEFAULT   [, ...] [ FROM from_list ] [ WHERE condition | WHERE CURRENT OF cursor_name ] [ RETURNING * | output_expression [ [ AS ] output_name ] [, ...] ]

あなたが初心者なら、あなたはまだ理解していないかもしれません。Googleですばやく検索すると、その使用例が表示されます。または、多くの例が記載されている公式のpsqlドキュメントをいつでも検索できます。

PostgreSQLを最初にインストールするとき、頻繁に実行する一般的な管理タスクがいくつかあります。

まず、既存のユーザーとデータベースを確認します。以下のコマンドを実行して、すべてのデータベースを一覧表示します。

\list or \l

上の図では、PostgreSQLのインストール時に作成される3つのデフォルトデータベースとスーパーユーザーakultomarを確認できます。

すべてのユーザーを一覧表示するには、\duコマンドを使用します。ユーザーの属性は、彼らがスーパーユーザーであることを示しています。

基本的なデータベース操作

基本的なデータベース操作を実行するには、構造化照会言語(一般にSQLと呼ばれます)を使用します。

データベースを作成する

データベースを作成するには、create databaseコマンドを使用します。以下の例では、という名前のデータベースを作成しますriskzone

最後のセミコロンを忘れた場合=、postgresプロンプトの記号は-次の図のようにに置き換えられます。これは基本的に、クエリを終了する必要があることを示しています。実際に長いクエリを書き始めると、その重要性が理解できます。今のところ、セミコロンを入れてSQLステートメントを完成させ、returnキーを押します。

ユーザーを作成する

ユーザーを作成するには、create userコマンドを使用します。以下の例では、という名前のユーザーを作成しますno_one

ユーザーを作成すると、表示されるメッセージはCREATEROLEです。ユーザーはログイン権限を持つロールです。私はそれらを同じ意味で使用しました。また、ユーザーの[属性]列が空であることに気付くでしょうno_one。これは、ユーザーno_oneに管理者権限がないことを意味します。データの読み取りのみが可能で、別のユーザーやデータベースを作成することはできません。

ユーザーのパスワードを設定できます。既存のユーザーのパスワードを設定するには、\password以下のコマンドを使用する必要があります。

postgres=#\password no_one 

ユーザーの作成時にパスワードを設定するには、次のコマンドを使用できます。

postgres=#create user no_two with login password 'qwerty';

ユーザーまたはデータベースを削除します

このdropコマンドは、以下のコマンドのように、データベースまたはユーザーを削除するために使用できます。

drop database drop user 
このコマンドは慎重に使用する必要があります。バックアップが設定されていない限り、ドロップされたものは元に戻りません。

If we run the \du and \l that we learned about earlier to display the list of users and databases respectively, we can see that our newly created no_one user and riskzone database.

When you specify psql postgres (without a username), it logs into the postgres database using the default superuser (akultomar in my case). To log into a database using a specific user, you can use the command below:

psql [database_name] [user_name]

Let’s login to the riskzone database with the no_one user. Hit \q to quit from the earlier postgres database and then run the command below to log into riskzone with the user no_one.

I hoped you like the short introduction to PostgreSQL. I’ll be writing another article to help you understand roles better. If you’re new to SQL, my advice would be to practice as much as you can. Get your hands dirty and create your own little tables and practice.